北京✕東京を結ぶクリエイターズユニット・DiAN、80’sフィーリングの新曲2曲を同時リリース

News

文: Kou Ishimaru 

北京・東京の2つの拠点を持つ音楽ユニット・DiAN(ディアン)が、新曲「Lucky Rain」、「Moonbow Disco」をリリース。

北京・東京の2つの拠点を持つ音楽ユニット・DiAN(ディアン)が、新曲「Lucky Rain」、「Moonbow Disco」をリリース。

DiAN(ディアン)は、weibo(中国最大のSNS)で600,000以上のフォロワーを持つインフルエンサー・静電場朔(セイデンバサク)がボーカルを務め、様々なシーンの楽曲を手掛けるサウンドプロデューサー・A-bee(アービー)、コンポーザーのimmi(イミー)と共に結成した音楽ユニット。静電場朔は、作詞やMV、アートワーク、アパレルラインのデザインやディレクションも担い、音楽だけでなくビジュアル面のプロデュースも行っている。

2020年7月には、イギリス・ロンドンを拠点に新次元のドラムンベースを提唱し続けるLondon ElektricityことTony Colmanとの共作で1stシングル「眼花 – yǎnhuā -」を配信。中国の人気レーベル〈Modern Sky〉から配信され、中国のメディアでも好意的に取り上げられた。

さらに、2020年10月には、パックマン40周年コンピレーションアルバム『JOIN THE PAC – PAC-MAN 40th ANNIVERSARY ALBUM -』で2曲参加。静電場朔の中国語によるボーカルと、中国では多大なリスペクトを受けているラッパー・小老虎 (J-Fever)がフィーチャーされたヒップホップトラック「饕餮 TAOTIE」を提供。またもう1曲はアメリカで82年に全米第9位となったBuckner&Garciaによる大ヒット曲「PAC-MAN Fever」を大胆にエレクトロディスコにカバーした楽曲を提供し、Buffalo DaughterとのスプリットEPとしても配信された。

そして今回は新曲「Lucky Rain」、「Moonbow Disco」の2曲が同時リリース。80年代フィーリングのエレクトロポップ×オリエンタルなダンスチューンとなっており、近年ネットカルチャーから急激に世界的な盛り上がりをみせる80年代をモチーフにしたムーブメント、シンセウェイブ〜レトロウェイブ的なサウンドに、中国語や英語、日本語が巧みに紡ぎあったロマンティックな歌詞とボーカルによって、アジアの新しいポップカルチャーを感じさせる楽曲に仕上がっている。

なお、A-beeは現在オンエア中の日本テレビとHuluの共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に』のサウンドトラックをSlavomir Kowalewskiと共に担当してるので、ぜひそちらもチェックしてみてはいかがだろうか。

RELEASE INFORMATION

『Lucky Rian』

2021年2月26日(金)
DiAN

『Moonbow Disco』

2021年2月26日(金)
DiAN

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる