オススメJ-Indieプレイリスト『DIG UP! - J-Indie -』更新 Sala、fish in water projectなど|1月2週目

News
DIGLEとアーティスト支援サイト「BIG UP!」が協力してお届けするインディーズアーティストをピックアップしたプレイリスト『DIG UP! - J-Indie -』。1月2週目のカバーはSala。

今週の「DIG UP!-J-Indie-」注目のアーティスト

Together / Sala

R&B/ヒップホップをベースにしたスタイルと、透明感のある歌声で注目を集める18歳のシンガー、Salaがリリースした3枚目のシングル曲。Shin Sakiuraがサウンド・プロデュースを担当し、2000年代頃のCMソングを彷彿とさせるようなノスタルジーな空気感と、清涼感溢れるダンサブルなギター・カッティングが印象的な1曲に仕上がっています。

YOU / fish in water project

インディーロック・ポップサウンドを軸に、繊細でエモーショナルな日本語詞のメロディを歌い上げる4ピースバンド、fish in water projectの最新曲。東南アジア周辺の現行ドリームポップ、シューゲイザーバンドと共鳴するような疾走感あるインディポップチューンが中心だった前作EPから趣向を変え、今作はハーフテンポの808ビートから展開されていくメロウチューンに。ロングトーン多めの譜割の歌が力強く響きます。

Tsumoru / slow stoop,Asami Tono

シンガーソングライター、遠野朝海と電子音楽をメインに制作するslowstoopによる共作曲。遠野朝海が歌唱とピアノ、slowstoopがギターを担当した今作は、温かいアコースティックのサウンドが魅力のポップソング。関東を中心とした広範囲での積雪も記憶に新しいこの時期にぴったりな、冬をテーマとした楽曲となっており、シェイカーのシャカシャカした音が雪の降る光景を思わせます。

Fireworks / Vacant Wave

インディ・ベッドルームポップ宅録プロジェクト、Vacant Waveの2022年第一弾シングルの収録曲。曲冒頭から最後まで2コードをひたすら繰り返すシンプルな構成で、2本のギターのアルペジオによる絡みや、ファズがかかったバッキングギターの挿入など、曲中に少しずつ起こる変化が心地よい。EPにはガレージロック調の明るい楽曲やパンクチューンなど幅広い音楽性の全5曲が収録されており、曲ごとにそれぞれ違った楽しみ方ができる作品に仕上がっています。

N o o N / ego apartment

1998年生まれの3人組ユニット、ego apartmentの新曲。変幻自在に日本語詞と英語詞を混ぜ合わせ、アナログ感と新しさを融合させたオルタナティブサウンドを鳴らす彼らの今作は、浮遊感漂うリードシンセのサウンドが心地良い一曲。定位のコントロールにより立体的に配置されたパーカッションや歯切れの良いベースフレーズがグルーヴィで、ゆったりと体が踊ってしまいます。


その他、注目のリリースにはシロクロミーアキャットRAqASS MAGICなどがラインナップされています。

第2,4木曜日更新のSpotifyセレクト『DIG UP!-J-Indie-』

DIGLE MAGAZINEは他にも毎日プレイリストを紹介しています

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる