UKダブ界の首領、エイドリアン・シャーウッドによる新プロジェクト『DUB NO FRONTIERS』が7月にリリース!

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

〈On-U Sound〉のプロデューサー、エイドリアン・シャーウッドが、世界各地の女性ヴォーカリストにインスピレーションを受けてフィーチャーした作品『Adrian Sherwood presents Dub No Frontiers』を、〈Real World Records〉より、7月22日(金)にリリース。

現在活動している素晴らしい国際的女性アーティストたちがダブで団結し、祝福するためのプラットフォームであり、このプロジェクトの発案者である〈On-U Sound〉のプロデューサー、エイドリアン・シャーウッドが、世界各地の女性ヴォーカリストにインスピレーションを受けてフィーチャーした作品『Adrian Sherwood presents Dub No Frontiers』を、〈Real World Records〉より7月22日(金)に世界同時リリース。

レゲエカルチャーは、その反逆の音楽で不正や不平等を訴えるという評判にもかかわらず、男性の声、男性のプロデューサー、男性のミュージシャンが非常に多いのが現状だという。この現状を受けてシャーウッドは「多くのシンガーが、ダブ/レゲエの舞台は男性のもので、少し威圧的でさえあると感じていると言っていた。そこで、アーティストを招待し、私たちのリズム・トラックの上にすべて非英語で好きな曲を歌ってもらうことにしたのです」と語る。

今回リリースが発表された『Adrian Sherwood presents Dub No Frontiers』は、UKダブ界の首領と名高いエイドリアン・シャーウッドが全面プロデュースし、半分は故リンカーン・スコットと共同制作、さらにスキップ・マクドナルドがアレンジとして参加した全10曲の作品。セイクリッド・グラウンド・リズムの上にヒンディー語で歌われる繊細で美しいRita Morarの「Meri Awaaz Suno (Hear My Voice)」 や、チュニジアのNeyssatouがアラビア語で力強く歌うボブ・マーリーの 「War」、シャーウッドとプロジェクトを率いたKerieva McCormickがロマニ語で歌う 「Chavale」など、興味深いトラックばかりで日本からもLikkle Maiが1曲参加している。

なお、アルバムのアートワークは、アーティスト、ミュージシャン、映画監督であるピーター・ハリスが描いたアフェニ・シャクール・デイヴィスの印象的なイメージ。先駆的で変革的な女性の大胆な肖像画が、アルバムに付属するブックレットを支配し、その中の音楽と“完璧な視覚的箔を形成した”と言い表せるような仕上がりとなっている。

<On-U Sound>設立当初から女性アーティストの味方として生涯を費やしてきたエイドリアン・シャーウッドによる重要作。是非この機会にチェックしてみてはいかがだろうか。

RELEASE INFORMATION

『DUB NO FRONTIERS』

2022年7月22日(金)
Adrian Sherwood
デジタル&輸入盤CD/LP

【Track List】
1.Love Hurts / Yehaiyahan –
2.Haste Makes Waste / Likkle Mai
3.Meri Awaaz Suno (Hear My Voice) / Rita Morar –
4.I Dupe (Thanks Giving) / Temi Oyedele
5.War / Neyssatou
6.Okama Werek Halok / Maria Wenda
7.Chavale / Kerieva
8.Krysztalowy Aniol (Crystal Angel) / JaGodDa
9.Semarulay Daqey / Saba Tewelde
10.Little Cosmonaut / Nadya Ostroff DR.NO

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる