幾何学模様、彼らの10年を締め括るファイナルショーが12/3東京・パーシモンホールで開催!

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

2022年をもって無期限の活動休止を発表し、ラストアルバム『クモヨ島』が好評を博す中、欧州/北米ファイナルツアーはほぼSOLD OUTを達成しているサイケデリックロックバンド ・幾何学模様。彼らの10年を締め括るファイナルショーが12月3日(土)東京・パーシモンホールで開催されることが決定した。

2022年をもって無期限の活動休止を発表し、ラストアルバム『クモヨ島』が好評を博す中、欧州/北米ファイナルツアーはほぼSOLD OUTを達成しているサイケデリックロックバンド ・幾何学模様。彼らの10年を締め括るファイナルショーが12月3日(土)東京・パーシモンホールで開催されることが決定した。

幾何学模様

2012年に高田馬場の路上でひっそりと産声を上げた幾何学模様は、バンド独自のサイケデリアを追求し、他に類をみない活動スタイルでこの10年を駆け抜け、世界中のオーディエンスを熱狂させるライブバンドとなった。世界3大ロックフェスと呼ばれるデンマークの<Roskilde Festival>、アメリカの<Bonaroo Festival>、中国の<Concreet & Grass Festival>、イギリスの<Green Man Festival>、アメリカサイケロックの祭典<Desert Daze>や<Levitation>にも出演し、今年6月にはイギリスの世界最大級ロックフェスティバル<Glastonbury Festival>のステージへ。7月にはバンド初の<FUJI ROCK FESTIVAL>の出演も果たした。10年の活動の中で11回の欧州ツアーを成功、今年の秋には12回目となる北米最後で最大級のツアーが予定され、その多くはチケットが完売している。

今年5月にリリースされたラストアルバム『クモヨ島 (Kumoyo Island)』は、壮大なオープニングから一転「モ、ナ~カ、ナカナカノ」というユニークな歌詞が耳元で囁かれ民謡的な節回しまでもがブレンドされた「Monaka」から始まり、導かれるように辿り着くのは美しいアンビエントソング「Maison Silk Road」。
「クモヨ」とはバンド名の一部であり、自分達にとって、そしてリスナーにとっての「遊び場」にこだわり続けた幾何学模様のスタート地点である島の名前だという。

12月3日のファイナルショーの会場であるパーシモンホールは豊かな響きで定評がある。バンドの紡ぐサウンドに身体ごと包まれる時間になるだろう。トロピカルなエッセンスとともにサイケデリアが見事に表現されたファイナショーのビジュアルは、インドネシア拠点のアーティストKendra Ahimsaが手がけた。

旅を終えて故郷に戻っていく、幾何学模様の10年の活動の幕が閉じるその時を、お見逃しなく。

EVENT INFORMATION

『KIKAGAKU MOYO FINAL SHOW』

2022年12月3日 (土)
めぐろパーシモンホール 大ホール
開場 16:30 / 開演 17:30
前売 ¥6,000(全席指定)
幾何学模様

【チケット販売期間】
▼最速先行予約(抽選)
7月29 日 (金)15:00~8月7日 (日)23:59
▼一般発売
8月27日 (土)〜

RELEASE INFORMATION

『クモヨ島 (Kumoyo Island)』

▼配信
2022年5月6日
幾何学模様 (Kikagaku Moyo)
配信リリース

▼CD
2022年5月25日
幾何学模様 (Kikagaku Moyo)
¥2,500+税
BRC702
解説封入

【TRACKLISTING】
1. もなかのなか (Monaka)
2. 青の舞 (Dancing Blue)
3. エッフェ (Effe)
4. ぼくの海 (Meu Mar)
5. 段ボールの山 (Cardboard Pile)
6. ゴムゴム (Gomugomu)
7. 白昼夢の蜃気楼 (Daydream Soda)
8. 鬼百合畑 (Field of Tiger Lilies)
9. やよい、ゐやおい (Yayoi, Iyayoi)
10. 昼寝のうた (Nap Song)
11. メゾン シルクロード (Maison Silk Road)

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

TAG;

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる