KANA-BOON ニュース

KANA-BOONが“2018年グッときた曲”をテーマにプレイリストをAWAで公開

News

文: Kou Ishimaru 

デビュー5周年を迎えたKANA-BOONのメンバーが“2018年グッときた曲”をテーマにプレイリストを作成。音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」でプレイリストが公開されています。

KANA-BOONが選ぶ「2018年グッときた曲」

デビュー5周年イヤープロジェクトの一環として、全曲書き下ろしのミニアルバムをリリースしたKANA-BOON。メンバーが作成したプレイリストは、自身の最新リードトラック「ネリネ」で始まり、3年6カ月ぶりに待望のリリースをしたASIAN KUNG-FU GENERATIONの最新アルバム・タイトル曲「ホームタウン」、現代若手ロックシーンの“バケモノ”と称されるAge Factoryから、Fall Out BoyJustin Timberlakeのような海外アーティストまで、国やキャリア・ジャンル問わず幅の広い全19曲を収録しています。

さらに、AWA公式Twitterでは、KANA-BOONのサイン入りAWAキャップがあたるプレゼントキャンペーンも実施中。AWA公式Twitterの指定の投稿をリツイートし、アカウントをフォローした人の中から抽選でプレゼント。ぜひ公式Twitterもチェックしてみてください。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

KANA-BOON ニュース
閉じる