Yaffle、仏SSW・Elia迎えた新曲「À l'envers feat. Elia」31日リリース

News

文: Kou Ishimaru 

Yaffle(小島裕規)が新曲「À l'envers」(ア・ランヴェール)をリリースする。

〈Tokyo Recordings〉所属のプロデューサー・Yaffle小島裕規)が新曲「À l’envers」(ア・ランヴェール)を7月31日(金)にリリースする。

自身の作品では海外アーティストとコラボレーションを続けているYaffle。今年5月にリリースされたスウェーデンの女性シンガーソングライター・Linnéa Lundgrenとのフューチャリング曲「Lost, Never Gone feat Linnéa Lundgren」に続くシングルとして、早くも新曲が公開された。

今回リリースとなる「À l’envers」は、2019年の秋に欧州コライトの旅へ出たYaffleが、デビュー間もない女性シンガーソングライター・Eliaを〈Because Music〉から紹介され、二人でパリのスタジオに入り完成させたフランス語曲。曲タイトルは「逆さま」を意味し、憂いあるヴォーカル、そしてブレイクでの爆発力が聴く者の耳を捉えて離さないYaffle流ダブステップ・ナンバーとなっている。

アートワークは〈Tokyo Recordings〉の朋友、OBKR小袋成彬)が制作。楽曲タイトルのコンセプトに合わせたリリック・ビデオの制作が現在、スペインのバルセロナで行われており、近日公開が予定されているほか、待望のデビュー・アルバム発売も間もなくアナウンスされることとなっている。

また、SpotifyではPre-saveサービスがスタート。Pre-saveへのエントリーを行うと同曲が自分のアカウントに追加され、7月31日の配信初日から聴き逃がすことなくストリーミングで楽しむことができるので、是非チェックしてみてほしい。

コメント

Yaffle

パリのBecause Music のスタジオでEliaと一緒に書いた曲。いくつかのデモを聞かせて彼女が一番気に入ったビートを元に作った。前日にStrasberg St. Denis(ストラスブール=サン=ドニ)のAirbnbのキッチンでベースラインを思いついた。街の雰囲気に結構引っ張られた気がする。真っ暗闇で踊っている女性のイメージ。

Elia

私がこの「À l’envers」を書いたのは、落ちるという事は、実は深く上がっていくことだと逆説的に理解した時でした。恋に落ちる時、自分の情熱が負ける時、あなたは成長する。失うことを恐れると、勝者にはならない。

Yaffleと会った時、私は彼が勝者に見えた。フランス語は分からないけど、フランス語で詞を書かせてくれた。すぐに私は彼のエネルギーを感じた。オーガニックとエレクトロニックをミックスする彼のユニークな手法、そして彼のクレイジーさ。だから” Viens danser au son de ma perte (来て、私の壊れる音で踊って)”というフレーズが出てきたの。

このプロジェクトに関われて本当に感謝しているわ。リスナーの皆さんには私と同じくらいこの曲を楽しんでもらって、両手を広げることがあまりない、この厳しい時に、私たちが送る愛と信念を受け止めて欲しい。

INFORMATION

À l’envers feat.Elia

▼Yaffle 新デジタルシングル
2020年7月31日(金)リリース

「À l’envers feat.Elia
Label: Picus Records/Caroline International
Artwork by OBKR (Nariaki Obukuro)

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる