Night Tempo、工藤静香を公式リエディット 『昭和グルーヴ』第6弾21日リリース

News

文: Kou Ishimaru 

Night Tempoが昨年スタートさせた『昭和グルーヴ』の第6弾が8月21日にリリース。

韓国のプロデューサー/DJ・Night Tempoが昨年スタートさせた公式リエディットシリーズ『昭和グルーヴ』の第6弾が8月21日にリリースされる。

『昭和グルーヴ』は、Wink杏里1986オメガトライブBaBe斉藤由貴といった80年代に活躍したアーティストの名曲の数々を公式リエディットとしてリリースするシリーズ。海外で巻き起こっているジャパニーズ・シティ・ポップのブームが日本のメディアを通じて紹介されている中、その象徴的な「プラスティック・ラブ」現象を巻き起こした立役者の一人であるNight Tempoが、リスナーを「ネオ昭和」ワールドへと誘う。

今回Night Tempoが取り上げたのは80年代半ばにおニャン子クラブのメンバーとして活動、派生プロジェクトのうしろ髪ひかれ隊を経て、86年にソロ・デビューした工藤静香。今なお第一線のシンガーとして確固たる地位を確立している彼女は、ソロ・デビュー曲「禁断のテレパシー」を皮切りにナンバー1ヒットを連発。Night Tempoが昨年の昭和グルーヴ・ツアー用に用意した工藤静香の代表曲の一つ「嵐の素顔」のリエディットは、彼のDJセットの中でも1,2を争うほどのフロア爆発力を持つ大人気曲で、念願の公式リリースが決定した。

そして、もう一曲はNight Tempoが新たなシティ・ポップ・アンセム誕生のポテンシャルを感じたと言うデビュー・アルバム収録のバラード曲「ワインひとくちの嘘」をセレクトした。

ネット中心の活動で始まり、今やNHK『おはよう日本』やTBS『マツコの知らない世界』といったマスメディアでも、その活動が取り上げられているNight Tempo。『レコード・コレクターズ』誌7月号では 「シティ・ポップの名曲ベスト100 1980-1989」について海外視点からランキングを考察するインタビューが掲載されるなど、海外シティポップ・シーンのスポークスマンとしての立ち位置も築きつつある。

依然として新型コロナウィルスの影響で韓国から日本への渡航が規制されており、引き続きオンライン中心の活動で昭和グルーヴを始めとする自身の音楽プロジェクトやネオ昭和文化を世界へ発信しているほか、東京女子流新井ひとみ一十三十一の楽曲のリミックスも手掛けるなど音楽制作も精力的に行っており、規制が緩和された暁には、昭和グルーヴで踊る来日公演を期待したい。

INFORMATION

工藤静香 – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ

2020年8月21日(金)配信リリース
収録曲:
1. 嵐の素顔 (Night Tempo Showa Groove Mix)
2. ワインひとくちの嘘 (Night Tempo Showa Groove Mix)

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる