LINE MUSIC、大型アップデート実施 MV視聴、カラオケ、楽曲サーチ機能など追加

News

文: Kou Ishimaru 

音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」が大型アップデートを実施。

音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」が大型アップデート実施を発表した。

LINE MUSICは、邦楽・洋楽問わず6,600万曲以上の幅広いジャンルの楽曲を利用シーンや気分に応じていつでもどこでも音楽を聴くことができる日本発の音楽ストリーミングサービス。

2020年1月からは独自フリーミアムモデルを導入し、無料ユーザーでも、登録無し・広告無しで6,600万曲すべての楽曲やミュージックビデオを毎月フル再生できるようになり、日本の音楽ストリーミングサービスの普及と音楽市場の活性化を目指している。

今回の大型アップデートでは、無料で「聴く・見る・歌う」が楽しめるよう様々な機能を拡張、最新音楽トレンドをまるごと楽しむことができる音楽サブスクとして、リニューアルする。

動画共有サイト、SNSで流行っている楽曲や最新ヒットチャート(楽曲・MV)がいち早くわかるランキングはそのまま、ユーザーの視聴傾向から好みの楽曲をユーザー一人ひとりに合わせてプレイリストを提案する「今日のミックス」や、知りたいと思った楽曲があればアプリに聴かせるだけで代わりに調べてくれる「楽曲サーチ」など、LINEのAI技術を活用した新機能を搭載している。

また、最新ヒットチャートを聴いていてお気に入りのメロディを口ずさみたくなったとき、いつでも歌えるように「カラオケ機能」(Android版は2020年秋ごろ開始予定)を導入、瑛人「香水」やYOASOBI「夜に駆ける」等、いま話題のヒットソングや、松田聖子「夏の扉」といった懐かしソングなど、メジャーアーティストからインディーズアーティストの楽曲まで歌うことができる。

アップデート詳細(一部)

ユーザーの視聴傾向にあった楽曲が楽しめる「ステーション」「今日のミックス」「オートプレイ」

ユーザーの視聴傾向から、「楽しいとき」「恋するとき」など今の気持ちやムードに合わせた楽曲が聴けるラジオステーション型プレイリスト「ステーション」や、好みの楽曲をユーザー一人ひとりに合わせて毎日提案するプレイリスト「今日のミックス」で、新たな音楽との出会いを提案。また、視聴している楽曲から好みの曲を自動再生する「オートプレイ」も搭載。

最新音楽トレンドをチェック

「LINE MUSIC」はサービス開始から、<ランキング>タブにて「ソングTOP100」、「BGM&着うた®️TOP100」、「アルバムTOP100」といった、いま流行りの楽曲が楽しめる独自ランキングを日々公開。最近では新たに「ミュージックビデオランキング」も加わり今、流行っているミュージックビデオもチェックできるようになった。

新たに登場した<ビデオ>タブは、最新のミュージックビデオだけでなく、ミュージックビデオのオフショットやトーク映像、アーティストからファンに送るコメント映像など、人気アーティストの様々な映像コンテンツに出会いやすくなっている。

UIや音質をカスタマイズ

新たに、ダークモードが加わり、ライトモード/ダークモードの2つのテーマから選択できるように。

また、楽曲に合わせて好みの音質に調整できたり、友人のプレイリストやLINE MUSIC以外の音楽ストリーミングサービスのプレイリスト画面のキャプチャを取り込むだけでプレイリストを作成できるようになったりと、選択肢が増え自由度が上がっている。

楽曲サーチ(音声認識検索)

「いま流れているこの楽曲を知りたい」と思ったときに、端末に該当曲を聴かせると楽曲を見つけてくれる楽曲検索機能。LINEのAI技術を活用し、楽曲検索がアプリ内で可能になった。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる