LINE MUSIC 使い方ガイド | 無料利用も!料金プラン、解約方法や他比較など徹底解説。

LINEが始めた音楽アプリ、LINE MUSICの使い方をゼロから解説。無料プランと有料プランの違いやそれぞれの始め方、初期設定など、全ての機能を紹介します。Apple Musicなど他サービスとの違いもまとめて把握!

音楽アプリ「LINE MUSIC」でできること

LINE MUSICの使用方法を解説する前に、改めてLINE MUSICについて説明します。サービスの特徴を簡単にまとめると、以下のようになります。

LINE MUSICは約5900万曲の楽曲が聴き放題!

スマートフォンを使ってインターネット経由で音楽を聴くことができます。LINE MUSICの配信楽曲数は約5900万曲。これがなんと聴き放題です。

オリジナルのプレイリストをLINE MUSIC上で作成することができる。

完全に個人用としても、LINE MUSIC内で公開してみんなと共有するプレイリストとしても使えます。使い方に関してはまた別の記事でご紹介します。

自分の好きな楽曲をLINEの呼び出し音等に設定できる

LINE MUSICで配信されている楽曲の中から好きな曲を『LINE 着うた®』の”呼出音”に設定してお楽しみいただけます。LINEの無料通話をかけてもらった時に流れる呼出音を、自由に設定して楽しみましょう!

ミュージックビデオを楽しむ事ができる

LINE MUSICで聴いていて気になったアーティストのミュージックビデオも、そのままLINE MUSIC内で視聴できます。

無料プランでもその月初めて聴く曲は全曲フルで再生可能

LINE MUSICでは無料会員でも毎月、各楽曲につき月一回フル再生をする事ができます。(*ダウンロード購入限定曲は対象外となります。) もちろんMVもフルで再生する事が可能です。2回目以降は30秒のみの再生になってしまいますが、翌月の1日0時にはまた全楽曲フルで聴けるようになります。


LINE MUSICの始め方

それでは、ここからはスマートフォンでLINE MUSICを始めるときの手順を解説します。大まかな流れは以下の通りです。

(1)LINE MUSICのアプリをApp StoreもしくはGoogle Play Storeからダウンロードする。
(2)LINE MUSICのアプリを起動し、会員登録する。

たったこれだけです。それでは1つずつやっていきましょう!

まずはLINE MUSICのアプリをダウンロードし、スマートフォンにインストールします。下記のボタンを押すとダウンロードページに飛びます。

【iOS(iPhone)】

App Storeからダウンロード

【Android】

Google Play で手に入れよう

LINE MUSICダウンロード後、アプリは自動でスマートフォンにインストールされます。

インストールが終わったら、ホーム画面に「LINE MUSIC」のアイコンができていますので、それをタップしましょう。

LINE MUSICの使い方-01

すると、LINE MUSICのアプリが起動します。

LINE MUSICの使い方-02

今回は一番上の「LINEログイン」から会員登録してみましょう。LINEの登録情報を手入力で行う場合は2番目の「ログイン情報入力」を使用しましょう。(*いずれもLINEのアカウント登録は必須です。)

LINE MUSICの使い方-03

こちらの認証を同意します。これでインフォメーションの情報はLINEの方から引き継がれる事となるので登録は完了です。

LINE MUSICの使い方-04

次に、自分が好きなアーティストを選びます。あまり深く考えずに、よく聴くアーティストを選ぶだけでOKです。以上で、使うための準備は終了です。これで無料プランが使えるようになりました!


LINE MUSIC 無料プランの基本的な使い方

次にLINE MUSICの無料プランで使える機能を解説していきます。まずは「HOME」画面が開きますので、この画面を使って音楽を聴いてみましょう。

LINE MUSICの使い方-05

音楽を聴くのは簡単です。ホーム画面にある楽曲の中から好きなものを選んでタップしてみましょう。

LINE MUSICの使い方-06

するとLINE MUSICで音楽が再生されます。アルバム楽曲でランダムのボタンをプッシュするとシャッフルされて流れます。

また、無料会員では毎月、各楽曲につき月一回フル再生をする事ができます。(*ダウンロード購入限定曲は対象外となります。)

さらに、再生画面でジャケット部分をタップすると歌詞を見ることができます。カラオケの練習がしたい人にとっても便利ですね!※歌詞表示は対応楽曲のみになります。

MVを選択すると人気アーティストのミュージックビデオの視聴がLINE MUSICアプリ内で可能です。

LINE MUSICのではミュージックビデオの他に、アーティストライブの様子やアーティストインタビューの様子など「LINE LIVE」と連携した独占コンテンツも提供しています。

LINE MUSICの「ランキング」の使い方

LINE MUSICの使い方-07

次に、「Home」以外の画面も使ってみます。まずは「ランキング」から。下のメニューにあるので押してみましょう。この画面では、LINE MUSICでBGM、着うたとして利用されている楽曲のランキングやLINEの友達が再生した回数が多い楽曲をランキング化する「フレンズチョイス」など様々なランキングをチェックすることができます。

LINE MUSICの「検索」の使い方

次にLINE MUSICの「検索」を使ってみましょう。

LINE MUSICの使い方-08

ここではLINE MUSIC上での楽曲やプレイリストの検索ができるだけでなく、約30以上のさまざまなジャンル・シチュエーションでまとめられたリストを選んで検索することができます。一番上にあるフォームに検索ワードを入れれば、アーティスト名や曲名はもちろん、プレイリスト名で検索もできるので、例えば「ドライブ」と検索すると、

ドライブに関連したソング、アーティスト、プレイリストなどを絞り込むこともできます。いろいろと検索ワードを変えながら、自分の好きな楽曲を探し出してみてください。

LINE MUSICの「マイミュージック」の使い方

LINE MUSICの使い方-11

次にLINE MUSICの「マイミュージック」を使ってみましょう。

「MyLibrary」では、自分が気に入ったアーティストや曲、自作したプレイリストなどを呼び出すことができるので、良く聴く曲を簡単にLINE MUSIC内で探し出すことができます。

ここに自分のお気に入りの曲を入れるには各ページで♡(ハートマーク)を押すと掲載されるようになります。

LINE MUSIC無料プランの基本的な使い方は以上です。これだけの機能が無料でもすべて使えるようになっています。

LINE MUSIC Free(無料プラン)とPremium(有料プラン)の違い

Freeプランでも様々なことができるLINE MUSICですが、有料のPremiumプランに登録すると、さらに便利に使えるようになります。

「Premium」といっても、月額960円です。しかも、お試ししたい人のために、最初の3カ月は無料で利用できるようになっています(記事執筆時点の情報です)。さらに、学生(大学生、専門学生)であれば、学生割引があり、Premiumのサービスが月額480円で使えます!

それでは簡単にLINE MUSICの2つのプランを比較してみましょう。

  Premium Basic
(Androidのみのプラン)
Free
料金 960円/月
(登録直後3ヶ月は無料)
300円/20時間/月 無料
再生方法 フルサイズで再生可 フルサイズで再生可 各楽曲月1回ずつフルサイズで再生可
(フル再生後は30秒の再生のみ)
MV再生 フルサイズで再生可 フルサイズで再生可 各楽曲月1回ずつフルサイズで再生可
(フル再生後は30秒の再生のみ)
音声広告 なし なし なし
音質 高音質まで選択可 高音質まで選択可 選択不可
オフライン再生 可能 可能 不可
My BGM 可能 可能 可能
トークBGM 可能 可能 可能
着信音、呼出音 可能 可能 可能

Premiumプランでの大きな違いとして、

・プレビュー再生だけでなく、フルサイズで好きな音楽を聴ける。
・楽曲をダウンロードしてオフラインで再生できるようになる
・My BGMに設定して、自分の好きな楽曲の好きな箇所を3秒~30秒の間で切り取ってプロフィールにBGMを設定出来る

の3点があげられます。

では、LINE MUSICのFreeプランとPremiumプラン、どちらを選べばいいのでしょうか。

Premiumプランの方がフルで楽曲が聴けるようになり、LINEの方でもMy BGMや着信音、呼出音の設定ができるなど、音楽を楽しむだけでなく、LINE MUSICを使って自分のアカウント様々なアレンジを行うことができます。

一方で、音楽を聴くのではなく、ただ単に楽曲をLINEのプロフィールに設定して音楽を共有したいという方はFreeプランでも問題はないと思います。

自分の音楽スタイルに合わせてプランを選ぶといいでしょう。

LINE MUSIC Premium(有料プラン)の登録方法

ここまで読んで「LINE MUSICのPremiumプランに登録してみようかな」と思った人のために、登録方法を解説します。なお、さきほども書いた通り、LINE MUSICでは最初の3カ月間を無料で使うことができます(記事執筆時点)。なので、使うか迷っているなら試しに使ってみるのもアリでしょう。それでは早速、LINE MUSICのアプリを起動しましょう。

LINE MUSICの使い方-14

LINE MUSICを起動したら、トップ画面の上部にある「無料体験する」というボタンをプッシュ。

LINE MUSICの使い方-15

ここで一般会員か学生会員かを選択することができます。

LINE MUSICの使い方-16

選択が終了すると、支払いの金額確認画面が出てきます。よければ「承認」をプッシュ。

LINE MUSICの使い方-17

パスワードを入力します。

LINE MUSICの使い方-18

これで登録は完了です。登録が完了するとPremiumサービスの利用開始となります。これでLINE MUSICの全ての機能が使えるようになりました。

それでは試しに楽曲を再生してみましょう。

LINE MUSICの使い方-19

LINE MUSICでフルサイズの再生ができるようになりました。

また、オフライン再生や、呼出音の設定ができるようになっています。これでLINE MUSICで好きな曲を好きなときに聴けるようになりました!

Freeプランと比べて格段に自由度が上がるので、自分ならではの楽しみ方を見つけていきましょう!


LINE MUSICと他のストリーミングサービスとの比較

なお、音楽ストリーミングサービスは「Spotify」以外にもいくつかあります。有名なところでは「Apple Music」「Amazon Music Unlimited」「Google Play Music」「LINE MUSIC」「AWA」などがあります。それぞれの違いはどのあたりなのか、比較してみました。

  LINE MUSIC Spotify Apple Music Youtube Music Amason Music Unlimited Google Play Music AWA
月額料金 ・960円
(個人)
・500円
(個人・20時間限定)
・480円
(学生)
・300円
(学生・20時間限定)
*20時間限定コースはAndroidのみ。
・1400円
(ファミリー)
・980円
(個人)
・1280円
(Premium DUO)
・480円
(学生)
・1480円
(ファミリー)
・980円
(個人)
・480円
(学生)
・1480円
(ファミリー)
・iPhone: 1,280円
Android: 980円
(個人)
・iPhone: 1,950円
Android: 1,480円
(ファミリー)
・980円
(個人)
・480円
(学生)
・380円
(Echoプラン)
・1480円
(ファミリー)
・980円
(個人)
・1480円
(ファミリー)
・960円
(個人)
・270円
(アーティストプラン)
配信楽曲数 約5900万曲 約5000万曲 約6000万曲 未発表 約6500万曲 約4000万曲 約5500万曲
無料プラン あり あり なし あり なし なし あり

金額面や楽曲数などでは特に大きな差はありません。現在はほぼ横並びの状況です。各社とも登録すると最初の1~3カ月は無料、もしくは格安で有料プランを使えるので、それぞれを使ってみて自分に合うものを探すのもいいでしょう。


LINE MUSICの使い方まとめ

ここまで、LINE MUSICの登録方法や使い方、各プランの違いなどについて一通り説明してきました。無料でも十分に音楽を楽しめて、さらにPremiumプランになると、あなたの音楽ライフを劇的に変えてくれます。音楽好きなら必携のアプリといえるでしょう。気になる人はぜひ試しに使ってみることをおすすめします。

SNSで記事をシェア

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

華麗なる才能ermhoi。幼少から今に至るまでキャリアを語り尽くす | Newave Japan #48

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

華麗なる才能ermhoi。幼少から今に至るまでキャリアを語り尽くす | Newave Japan #48

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEW ARRIVAL

最新記事

新型コロナから文化施設閉鎖を救うための助成金交付を求める署名のお願い

世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルスの影響から、文化施設を救う助成金を求める署名がスタート。各音楽界の著名人からも賛同があつまっています。

EDITOR'S SELECT 第1回:映画『ミッドサマー』

編集部メンバーが今オススメしたいもの、興味のあるものについて語る連載企画。今回は映画『ミッドサマー』について。

新進気鋭の写真家Mala MorganとPaul Stuart advanceのコラボアイテムがリリース

”ジェンダーレスなモードカジュアルスタイル”を掲げる新ブランド『Paul Stuart advance(ポール スチュアート アドバンス)』が新進気鋭の写真家Mala Morgan(マーラ・モーガン)氏とのコラボレーションアイテムを発売。

moon grin選曲プレイリスト『Sweet Memories』レミオロメン、中ノ森 BANDなど|3月連載4/4

毎週更新のプレイリスト連載企画。EDMやヒップホップをルーツとしたシンセポップユニット、moon grinがセレクトしたプレイリスト『Sweet Memories』を4週に渡ってお届けします。今週はRINAがセレクト。

Tevaから超軽量&低反発ソール『VOYA COLLECTION』新作が登場

Tevaから超軽量&低反発ソールで人気の『VOYA COLLECTION』新作が登場。全国のTeva取扱店舗と公式オンラインストアにて販売。

Roomies結成後初インタビュー。躍進前夜に語る、理想と野心

元・CICADAの及川創介を中心に結成されたRoomies。WWWでのワンマンライヴをアナウンスするなど、本格的にその勢いを加速させていくバンドに初接触。

サンダーキャットが『シャキーン!』出演 休日課長、中村佳穂らと対決

ThundercatがNHK Eテレのバラエティー番組『シャキーン!』に出演することがわかった。

<SYNCHRONICITY2020>開催中止を発表

2020年4月3日(金)〜4月5日(日)に開催を予定していた<SYNCHRONICITY2020 - 15th Anniversary!! ->の開催中止が発表された。

虎太朗×Shaky対談。福岡で生まれる新たな気運に迫る|BIG UP! Stars #29

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第29回目は虎太朗とShakyのドラマー・小川朝陽が登場。

【本日更新】オススメJ-Indieプレイリスト『DIG UP! - J-Indie -』虎太朗、shakyなど|3月4週目

第2,4木曜日に更新!DIGLEとアーティスト支援サイト「BIG UP!」が協力してお届けするインディーズアーティストをピックアップしたプレイリスト『DIG UP! - J-Indie -』。3月4週目のカバーは、虎太朗、shaky。

無料配信フェス<KEENFEST TOKYO MARCH 2020>開催 3/28(土)14:30~

無料配信ライブストリーミングフェスティバル<KEENFEST TOKYO MARCH 2020>が2020年3月28日(土)にKEEN JAPAN公式YouTubeチャンネルにて開催。

FRAGMENT DESIGN×JOHN SMEDLEYコラボによるパックT発売

3月28日(土)より、藤原ヒロシ主宰の『FRAGMENT DESIGN』と英国のニットウェアブランド『JOHN SMEDLEY』のコラボレーションアイテム第2弾が発売。

今週のSNS人気曲ランキング 1位に Rin音「snow jam」。ピックアップに(K)NoW_NAME、Yumi Zouma | Spotify週間バイラルチャート

3月19日までの1週間、SNSで人気だった曲を集めたSpotifyバイラルチャートのランキングを紹介。今週のDIGLE編集部オススメは(K)NoW_NAME、Yumi Zouma。

RAMMELLS選曲プレイリスト『アルバム「Beat generation」制作で影響を受けた曲』Suchmos、Radioheadなど|連載2/3

セレクターが選んだ楽曲をコメントと共に紹介するプレイリスト連載企画。RAMMELLSによるプレイリスト『アルバム「Beat generation」制作で影響を受けた曲』を全3回でお届けします。

CRCK/LCKSがライブを3月29日に有料生配信、中止となった新ALリリパ会場から

CRCK/LCKSのライブ『CRCK/LCKS “Temporary Available”-Live Streaming-』が3月29日19:00から生配信される。

香港出身のアーティスト・梁柏霆(Leung Pak Ting)が選ぶプレイリスト | Fred Perry Subculture

イギリスのオーセンティックなファッションブランド「フレッドペリー(FRED PERRY)」が手掛ける、連載企画『Subculture』。その中から香港出身のアーティスト・梁柏霆(Leung Pak Ting)をご紹介。

デフォルト画像

{{ article.raw_post_object.title }}

{{ article.raw_post_object.excerpt }}

さらに表示

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

OTHER CONTENTS

その他コンテンツリンク