Loyle Carner、Lime Gardenなど『DIGLE SOUND』プレイリスト全40曲更新|国外アーティスト

Playlist
DIGLE MAGAZINE編集部とセレクターのリコメンド楽曲を集めたウィークリープレイリスト『DIGLE SOUND』。今回は国外アーティストの最新曲を更新!Loyle Carner 「Plastic」、Lime Garden「Bitter」など今週の注目曲をコメント付きでご紹介。

DIGLE MAGAZINE編集部とセレクターのリコメンド楽曲を集めたプレイリスト『DIGLE SOUND』。プレイリストでは、新気鋭アーティストから言わずと知れたトップアーティストまで、国内外のさまざまな最新曲を厳選してお届け中!毎週月曜日に国内アーティスト、第二週&第四週の金曜日に国外アーティストの楽曲を更新しています。

リリースされたばかりの“今聴くべき曲”を『DIGLE SOUND』でチェックしてくださいね!

今週のDIGLE SOUND注目曲

竹田ダニエルセレクト楽曲

Caroline Polachek 「Sunset」
brb. 「heart shaped hickey」
Duckwrth 「Sneaky」
★Loyle Carner 「Plastic」
José James 「The Healer」
Brasstracks 「Dance Machine」
MICHELLE 「PULSE」
Thulani 「Bring Out The Freaks」

インタビュイー画像

コメント:

Loyle Carner3枚目のアルバムより、個人的に最も印象に残る曲。切実な社会問題やプライベートな嘆き、階級差や人種問題について知性と内省溢れるリリックで表現。Richard Spaven, Alfa Mist, kwes., Rocco Palladinoというクレジット陣も豪華で注目すべき点。

Loyle Carner 「Plastic」

Lisaセレクト楽曲

Holliday Howe「2000」
Tei Shi「GRIP」
The Academic「Pushing Up Daisies」
★Lime Garden「Bitter」
Horsegirl「History Lesson Part 2」
Chloe moriondo「Cdbaby<3 – underscores remix」
DJ Planet Express「Halcyon」
Coco & Clair Clair「Love Me」

インタビュイー画像

コメント:

ブライトンのインディーロックバンドLimeGardenが新曲「Bitter」をリリース。リズミカルなシンセベースとスリリングなギターのリフが印象的な1曲、後半にかけて加速するグリッヂでノイジーなサウンドは怒り、嫉妬、フラストレーションを表している。少ないディスコグラフィーにも関わらず楽曲が出るたびに、バンドの殻を破り続け革新的なサウンドで注目を集めるバンド!

Lime Garden「Bitter」

Akariセレクト楽曲

SURL「Every Day」
★Luli Lee「Flame」
Sobs「Air Guitar」
Loco「Tasty x Tasty」
orange flavored cigarettes「vanishing」
loserpop「ต่อให้…ก็แพ้ (Runner-Up)」
Say Sue Me「Elevate Me Later」
Numcha「Butterfly」

インタビュイー画像

コメント:

韓国のシンガーソングライター兼ベーシストのLuli Lee(イルリ)が、ソロ名義で初のフルアルバム『Fade Away Like A Dream』をリリース。説明し難い「愛」について、彼女なりの考えをふんだんに織り交ぜた作品だ。幻想的な歌声のバックで常に生き生きと跳ねるベース音が聴こえるタイトル曲「Flame」では、ベーシストとシンガー、彼女の持つ2つのアイデンティティが上手く融合している。

Luli Lee「Flame」

takashiセレクト楽曲

★Arima Ederra「Free Again」
Ev Bird「The Ring」
Danny Dwyer「Mortal Kombat」
haer「wednesday」
Emma Beko「Everything I’m Not」
Knifeplay「Lonely Sun」
Contour「Nigga Won’t Reach Mars」
Alex Amor「Casually Cool」

インタビュイー画像

コメント:

エチオピアをルーツに持つ、LAを拠点に活動するSSW、Arima Ederraのデビュー作『A Orange Colored Day』からの1曲。今作はプロデューサーにAnna Wiseとも親しいJon BapやTeo Haimなどを迎えている。全体的にトラックの作りがジャズやR&B/ソウル、ゴスペル、ラテンビートやレゲエ、ダブなどそれぞれの要素を組み合わせた、アブストラクトなもの。そこに軽快でイノセントな歌声が交わり、親しみのある穏やかな作品に仕上がっている。Arlo ParksやkeiyaA、Tirzahあたりが好きなリスナーにおすすめ。

Arima Ederra「Free Again」

DIGLE MAGAZINE編集部 Maoセレクト楽曲

★girl in red「October Passed Me By」
Hyd「Fallen Angel」
Young Fathers「I Saw」
LSDXOXO「Freak」
R. Missing「Doey Youth – Place Of Angels Version」
Kelela「Happy Ending」
Marcel Dettmann 「Water」
PVA「Untethered」

インタビュイー画像

コメント:

2018年のシングル「We Fell In Love In October」の続編となる新曲をリリース。前作では秋のロマンスをドリームポップで表現していたが、今作ではメランコリーな空気に希望を持って愛を振り返りながら、光を見出している。リリースと共に公開されたショートフィルムもぜひチェックしてほしい。

girl in red「October Passed Me By」

新曲ディグる!おすすめの最新曲を募集中

DIGLE MAGAZINE 公式Twitter/Instagram(STORY)にて、みなさんのおすすめの最新曲を募集中!応募いただいた楽曲の中から、編集部がピックアップした楽曲をプレイリストに掲載にしています。応募方法はアカウントの投稿をチェック!

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる