ravenkneeが選ぶ『2019ベストトラック』MONO NO AWARE、Michael Kiwanukaなど|連載4/4

Rensai

文: DIGLE編集部 

アーティストが選出した2019年のベストソングをコメントと共に紹介するプレイリスト連載企画。ravenkneeによるプレイリスト『2019ベストトラック』を全4回でお届けします。今回はDrの東克幸さんがセレクト。

ravenkneeが選ぶ今年のベストソング

LAST / MONO NO AWARE

インタビュイー画像

東克幸(Dr)のセレクトポイント:

情緒的な歌詞の多い彼らの最新アルバムからの曲です。前後の曲を先行シングルに挟まれて、ともすれば見劣りしてしまいそうな立ち位置にいる曲ですが全くそんなことはなく、むしろ一層燦然とした輝きを放っている気がします。特に歌詞に共感した曲で、そのときの自分の心情と激しく重なり合って何度も繰り返し聴いてしまった曲です。全てを捨てて逃げ出したいとき、逃げ出してもその先でさらに逃げなければいけないという歌詞に世の不条理と真理を垣間見て、慟哭を禁じえませんでした。終わりの曲は数多くあるけど、終わった後の気持ちを歌った曲ってあまりない気がして、そこも好きなポイントです。

Hero / Michael Kiwanuka

インタビュイー画像

東克幸(Dr)のセレクトポイント:

ヴィンテージ感強いギターの音色から始まりローファイガレージなビートが乗ってくる、で切なく歌い上げるVo…と文字にしてしまうとなんか面白くないんですが、退廃感のある前半の曲の雰囲気と後半の音の粒子まで歪んでいる感のあるギターソロと聴きどころかなりあります。そして、そのシンプルな構成と音像は確実に私の中にある温故知新ポイントをゴリゴリにくすぐりました。同じ時期に出たThe Black KeysThe Raconteursの新譜とも共鳴するところがあるような気がして、少し離れていたグランジやソウルに新鮮な気持ちでまた接近することが出来た、自分の中で感謝するべき曲です。

ravenkneeセレクトプレイリスト

ravenknee Profile

東京を拠点に2017年12月始動。 同日 「daydreaming(short ver.)」をYouTubeに公開し注目を浴びる。2018年4月に自主制作盤『1st EP』を世に送り出し、8月には早々とSUMMER SONIC 2018に出演を果たす。

同年11月にDebut EP「PHASES」を、2019年7月には 「ubugoe」を、9月には 「Pick you up」を配信リリース。10月には1stフルアルバム 「the ERA」をリリース。

ドラマティックに高揚するエレクトロサウンドをベースに、イギリスや北欧を中心とした世界中の音楽的ルーツを唯一無二のセンスで色濃く抽出し、エッジーに煮詰め、ポップミュージックに仕上げられた楽曲たちが新たな時代の最前線を担う。

1st Full Album「The ERA」

2019.10.23 OUT

1. The era of turmoil
2. ubugoe
3. Pick you up
4. Earth
5. I wanna stay
6. 青の魔法
7. AJISAI
8. Turn Around
9. 透明な街
10. 秒針の鼓動
11. daydreaming -rearranged-

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる