オススメJ-Indieプレイリスト『DIG UP! - J-Indie -』更新 BESPER、Ariji Joeなど|12月1週目

Review

文: DIGLE編集部 

DIGLEとアーティスト支援サイト「BIG UP!」が協力してお届けするインディーズアーティストをピックアップしたプレイリスト『DIG UP! - J-Indie -』。12月1週目はBESPER、Ariji Joeらの新作をレビュー。

今週の「DIG UP!-J-Indie-」注目のアーティスト

Bluest / BESPER

2020年に結成して以降、新世代AORの旗手として注目を集める6人組バンドBESPERが最新アルバム『Orbit』をリリース。フジテレビ系『めざまし8』のEDソングにも起用された収録曲「Bluest」は、都会のノスタルジーな風景が浮かぶようなメロウな楽曲が多かった彼らの新境地となる1曲で、“広大な空”“海の向こう”を感じさせる軽快なポップチューンに仕上がっています。閉塞したコロナ禍による行動制限から本格的に解放のムードが高まってきたこの時期にぴったり1曲です。

BE THE TIGER / Ariji Joe

近頃では<りんご音楽祭>に出演するなど、さらなる勢いをつけている新進気鋭のトラックメイカーAriji Joeが、4thシングル「BE THE TIGER」をリリース。スラップベースとタイトなリズムセクション、時折挿入されるシンセなどのサンプリングによって、ソリッド&スムースなグルーヴを体現したスロウチューン。ソウルフルなボーカルが漂わせる妖艶な雰囲気がクールで、やる気を出したい時や活力を高めたい時におすすめです。

moments / Umnoise

5人家族で構成され、インターネット上を中心に活動する音楽プロジェクトUmnoiseが新曲「moments」をリリース。これまでも邦楽ポップス/ギターロック〜世界の現行バンドからの影響を自身のスタイルに昇華してきたUmnoiseの最新作は、THE 1975らも所属する音楽レーベル〈Dirty Hit〉などの系譜を感じるハイセンスなプロダクションが光る80’s POPチューン。欧米圏のバンドのようなダイナミックなサウンド作りに、日本語詞の繊細なメロディラインが乗っかり、グッとくる瞬間の多い1曲です。

Chose / Wang Dang Doodle

“HYPER SOULFUL GIRLS”を標榜しするMOMIJIKAHORIによる2人組ユニット、Wang Dang Doodleが待望の1st EP『Bicycle』をリリース。先行配信の2曲目としてリリースされていた「Chose」は、70~80年代のギターヒーローばりのギターソロや、ダンスビート、声モノやシンセの唐突なサンプリングなど、ハイパーポップのような変幻自在なサウンドの応酬に食らいっぱなしの1曲。“What’s gonna do”のリフレインが強烈で、一度聴いたら頭から離れません。

その他、注目のリリースにはKOMONO LAKEJoehamma&Babymaruslowstoopなどがラインナップされています。

第2, 4木曜日更新のSpotifyセレクト『DIG UP!-J-Indie-』

DIGLE MAGAZINEは他にも毎日プレイリストを紹介しています

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる