city boiが広める、ヒップホップの魅力

bigup

文: BIG UP! 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回city boiをご紹介します。

自分の世界を自由に描く

時としてファンは、自らの好きなものを貶める存在になりうる。
――詳しくないから語るな。最近好きになったばかりのくせに。
そういった言葉たちは、知らず知らずのうちに自分の好きなものを追い詰めていってしまう。

一方で、そういった状況に苦言を呈す存在もいる。90年代生まれのラッパーであるcity boiは、まさしくそうだ。「『ヒップホップ知らねー奴がヒップホップ語んな』みたいな事言ってる奴いるけど、ヒップホップ知らない子たちにヒップホップを知ってもらうのが俺らの役目だからやめてくれ」と、彼はいう。
その言葉に比例するかのように、city boiの楽曲もとても自由だ。飛び道具的なことこそないが、サウンドや歌詞で遊びながら自身の世界を表現していく。

配信が開始された「I’m so sorry」は、波の満ち引きを感じるようなトラックとcity boiの穏やかな歌声が印象的な1曲。ゆるやかに時が流れるチルなナンバーに仕上がった。

city boi

提供:BIG UP!zine

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

BIG UP!

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる