あじさい切符での柔軟なオリジナリティ

bigup

文: vcr  編:Kou Ishimaru 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はあじさい切符でをご紹介します。

オルタナティヴへのリスペクト

大阪と千葉の男女ユニット、あじさい切符で。
楽曲によって使う音はさまざまで、生演奏はもちろん電子音、環境音なども用いながら心地よい音楽を生み出している。
活動休止期間やメンバーの変動などはあるが、2003年に結成された活動歴の長いアーティストである二人。
ジャンルを問わない音楽の要素を取り入れ、自分たちなりの解釈で新しいサウンドを構築していくその柔軟さに惚れ惚れとしてしまう。

新曲『鬼のギター』は、タケウチヒトミがボーカルを担当するオルタナティヴな1曲だ。
90年代のオルタナティヴ・ミュージックへの憧れと、日本の鬼というイメージを融合させたというなんとも不思議なコンセプトを持った作品である。
地獄でギターを掻き鳴らす、という、意味がありそうで無い、なのに耳に残ってしまう詩や、怪しくもキャッチーなメロディ、それをサイケデリックに聞かせるアレンジなど、随所に遊び心とリスペクトを感じることができる。
2分に満たない短い楽曲ながら、噛めば噛むほど味が出るような中毒性があり一度再生するとループから抜け出せなくなってしまう。

あじさい切符での世界はまだまだこれからも広がり続けていくだろう。
前衛的、かつ心地の良い二人の魅力から離れられそうにない。

あじさい切符で

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

vcr

音楽はお酒のおつまみ。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる