TiMTが聴かせる、音楽の呼吸

bigup

文: BIG UP! 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はTiMTをご紹介します。

折り紙つきの音を引き継いで

origami PRODUCTIONが、“origami Home Session”の立ち上げを報告したのは、3月30日のことだった。この動きは音楽業界の光となり、数々のアーティストがコラボレーション作品の制作に乗り出した。東京を拠点に活動するTiMTも、そのなかのひとりである。

彼は多数のプロジェクトやバンドに参加する、トラックメーカーでありプレイヤーだ。2013年よりソロ名義での活動を開始し、着々と活躍の場を広げてきた。
TiMTの特徴は、波の動きや空間をそのまま切り取ったようなグルーヴ感だ。扱いの難しい休符や無音も、ドラマーならではの感性を用いて難なく使いこなしてしまう。固定概念に捕らわれず、柔軟に音を呼吸させた作品づくりこそTiMTの魅力ではないだろうか。

先日配信が開始された「Be There-TiMT Remix-」は、“origami Home Session”の立ち上げ翌日にリリースされた作品。ボーカルトラックはHiro-a-key、ドラムトラックはmabunaの楽曲から引用され、TiMTならではの鼓動を感じる曲に仕上がった。

こんなアーティストが好きな人におすすめ

・DJ Mitsu the Beats
・KANEDA KAZUMI
・KUVISM

TiMT

提供:BIG UP!zine

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

BIG UP!

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる