キュレーターが世界各国の楽曲をセレクト!AKMU,IU やSilk Sonicなど『DIGLE SOUND.GL』

Special

文: vcr 

毎月第2週、第4週に更新の『DIGLE SOUND』グローバルプレイリストが始動。セレクターに竹田ダニエル、Lisa、Akari Hiroshigeが参加。US、UKから韓国やシンガポールなど世界各国の最新曲を収録したプレイリストは必聴です。

グローバルプレイリスト『DIGLE SOUND.GL』

竹田ダニエルセレクト楽曲

Charlene Su,YAØ「say it back」
Elise Huang「Lonely」
Dru Chen「Our Story」
Wu Am I,FREDDIE「San Frandiscothèque」
★Bruno Mars, Anderson .Paak, Silk Sonic「Skate」
GARETH FERNANDEZ「Lost In You」
Ty.,向洋「最新西部愛情」
NIve「To: My Dear Friend」

インタビュイー画像

コメント:

何度聴いても笑顔になれる、ユーモラスで爽やかでどこまでも愛おしい!モータウンのサウンドを現代に蘇らせるその才能と音楽への愛に脱帽。アジア系ルーツによるR&Bデュオとしても注目されているSilk Sonicだが、アルバムがリリースされたら大変なことになるでしょう…!

Bruno Mars, Anderson .Paak, Silk Sonic「Skate」

Lisaセレクト楽曲

bülow「Revolver」
★PinkPantheress「Just for me」
binki「Invisible Fence」
KID BRUNSWICK「Prescription Kid」
Yosh「All That Acid」
Holly Humberstone「Please Don’t Leave Just Yet」
Orlando「Jonah」
Deb Never,Jim-E Stack「Sweet & Spice」

インタビュイー画像

コメント:

イングランド出身の20歳のアーティストPink Pantheress。90年代、00年代のダンストラックから影響を受けているという彼女の音楽はtiktokによって拡散され、世界中から多くの注目を集めている。ノスタルジックでローファイなサウンドキュートで優しい歌声。2021年からハイペースにシングルがリリースされているが音楽制作を始めてまだまもないというのも驚き。今後の彼女の音楽にも注目したい!

PinkPantheress「Just for me」

Akariセレクト楽曲

★AKMU,IU「NAKKA」
Dubai Tax Fare「Love Me」
Sunwoojunga「BUFFALO(Feat. DAMI, Song Eun I, Yu Seung Woo, Yoon Ji Young, Jeong Se Woon, 15 Oxen)」
ultramodernista「hawaiian surf」
Khalil Fong「靈感先生 (書籍艾美夢遊《靈感先生》主題曲)」
ALEPH「Hope」
SURL「Beside」
Elephant Gym「Go Through The Night」

インタビュイー画像

コメント:

7月26日にリリースされたAKMUのコラボアルバム『NEXT EPISODE』のタイトル曲。「私の目を見れば、夜空の星になる気持ちになれるでしょう。目ぎゅっとを閉じて落下。」と大胆に呼びかける本曲のタイトルは韓国語で「落下」を意味する。フィーチャリングにはIUが参加。映画「The Greatest Showman」からインスピレーションを受けて作った曲だという。音数の少ないエッジの効いたサビが病みつきに。

AKMU,IU「NAKKA」

DIGLE MAGAZINE編集部セレクト楽曲

E L L E「Witchking / Angmar」
JAWNY「Tombstone Grey」
Shelter Boy「I Stand With You」
audiobooks「LaLaLa It’s The Good Life」
Varg²™,Bladee「SHINIE」
Vil,CRAVO「Fuck This Dub」
SASSY 009「Here Comes The Weekend」
Glows,Asha Lorenz「Tropic」

コメント:

GGSkipsとFelixBayley Higginsの音楽プロジェクトであるGlowsがUKオルタナ・ロック期待の新鋭SorryのAshaLorenzをフィーチャー。「Tropic」は、ロンドンの都市部のヒートアイランドにおける、夏の厳しい気温の影響をタイムリーに表現しているそうだ。00年代後半のポップミュージックに影響された多種多様な音が入り乱れる中、白昼夢を浮遊するようなAsha Lorenzの歌声が響き、何回聴いても新たな発見がある1曲。

Glows,Asha Lorenz「Tropic」


DIGLE MAGAZINEは毎週、国内の最新の楽曲もプレイリストにまとめて発信しているので、そちらも合わせてぜひ、チェックしてみてください!

毎週月曜日更新『DIGLE SOUND.JP』

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

vcr

音楽はお酒のおつまみ。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる