気の合う友達はどこでも見つかる。SOM TAM CLUBがパーティーを通して見るアジアのカルチャー

日本国内だけでなくタイ、台湾といったアジアの国々でもパーティーを展開するSOM TAM CLUB。主催である橋本翼(cero)とMOOLAに、その活動とアジアでの交流から感じたカルチャーについて語ってもらった。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

RELATED ARTICLE

関連記事

「変わらないのは、かっこいいことしかやりたくないということ」オーバーグラウンドに活躍する KEIJUの胸中

YOUNG JUJUとして活動していた頃からKANDYTOWNのなかでも頭角を現していたKEIJU。様々なコラボレーションを経て出されたe.p.やRIRIとの競演を経て、改めて自分のあり方・スタンスを問い直しているようでもあった。9月1日PARA-で披露されるパフォーマンスを前に現在の胸中を探った。

楽園再び「PARA-」9月開催。出演にRIRI、KEIJU、台湾からJulia Wu

2019年3月にPredawn、Kick a Showらが出演し、初開催ながら約300名の音楽・カルチャーに通じた男女が集まり、好評を博した『PARA-』の2回目の開催が決定。今回は小袋成彬が手掛けた資生堂「ANESSA」のCM楽曲『Summertime』のアジアプロジェクトとコラボレートし、日本と台湾、両国でのイベント開催における日本公演を『PARA-』がサポートする。

パラダイムシフトをテーマに数々の才能が結集したMusic&Culture Event<PARA->フォトレポート

9月1日(日)に開催されたMusic&Culture Event<PARA->。楽園をテーマに据えた前回の評判もあってソールドアウトとなった同イベントのフォトレポートが到着。

ジャンルに囚われず歌い続けたから今の私がある-Julia Wuインタビュー

幼少の頃からクラシックピアノを嗜んでいた少女は、アメリカはボストンにあるバークリー音楽大学に進学。しかし彼女はクラシックの道ではなく、一念発起し、オーストラリアのオーディション番組に出演したことを機に、シンガーとして台湾デビューするチャンスを獲得した。謙虚にもラッキーガールと自称するJulia Wuがチャンスを掴んできた背景とは。一体どんなパーソナリティを持っているのか。来日を前にインタビューを試みた。

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

閉じる