パラダイムシフトをテーマに数々の才能が結集したMusic&Culture Event<PARA->フォトレポート

9月1日(日)に開催されたMusic&Culture Event<PARA->。楽園をテーマに据えた前回の評判もあってソールドアウトとなった同イベントのフォトレポートが到着。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

etoo

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

RELATED ARTICLE

関連記事

橋本翼(cero)率いるSOM TAM CLUBが<PARA->出演決定

2019年9月1日(日)にSHAREGREEN MINAMI AOYAMAで開催されるMusic&Cultureイベント<PARA->の最終ラインナップ&コンテンツが発表。

楽園再び「PARA-」9月開催。出演にRIRI、KEIJU、台湾からJulia Wu

2019年3月にPredawn、Kick a Showらが出演し、初開催ながら約300名の音楽・カルチャーに通じた男女が集まり、好評を博した『PARA-』の2回目の開催が決定。今回は小袋成彬が手掛けた資生堂「ANESSA」のCM楽曲『Summertime』のアジアプロジェクトとコラボレートし、日本と台湾、両国でのイベント開催における日本公演を『PARA-』がサポートする。

夏の情感を音に乗せて。Summertimeコラボを続けて互いに見えたもの - RIRI、KEIJUインタビュー

この夏の資生堂『アネッサ』のCMで流れている『Summertime』。時代の移ろいの中、ジャンルを越境したコラボレーションが世界的に当たり前になる中、依頼を受けた小袋成彬が白羽の矢を立てたのが、KEIJUとRIRIだ。ともに国をまたいでコラボレーションをしてきた経験をもつ2人が今思うこととは。PARA-でのパフォーマンスを前に語ってもらった。

「変わらないのは、かっこいいことしかやりたくないということ」オーバーグラウンドに活躍する KEIJUの胸中

YOUNG JUJUとして活動していた頃からKANDYTOWNのなかでも頭角を現していたKEIJU。様々なコラボレーションを経て出されたe.p.やRIRIとの競演を経て、改めて自分のあり方・スタンスを問い直しているようでもあった。9月1日PARA-で披露されるパフォーマンスを前に現在の胸中を探った。

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

閉じる