ジャンルに囚われず歌い続けたから今の私がある-Julia Wuインタビュー

PARA-特集

文: 冨手公嘉 

幼少の頃からクラシックピアノを嗜んでいた少女は、アメリカはボストンにあるバークリー音楽大学に進学。しかし彼女はクラシックの道ではなく、一念発起し、オーストラリアのオーディション番組に出演したことを機に、シンガーとして台湾デビューするチャンスを獲得した。謙虚にもラッキーガールと自称するJulia Wuがチャンスを掴んできた背景とは。一体どんなパーソナリティを持っているのか。来日を前にインタビューを試みた。

今年の夏を彩るヒットチューンとして注目を集めている「Summertime」。小袋成彬のトラックを媒介に国をまたぎ台湾で活躍するシンガーJulia Wuとのコラボレーションを果たし、今回が初の来日パフォーマンスとなる。今日に至るまでの彼女のヒストリーを紐解きながら、来るべき9月1日PARA-に向けての展望を語ってくれた。

私が今人前で歌えるのは、19歳の時に決心したから

日本でJuliaさんのことを知る人がそこまで多くないので、まずはヒストリーからお話を聞かせてください。シンガーになる前は、ピアノを勉強されていたんですよね? 

そうなんです。オーストラリアで生まれ育って、4歳でピアノをはじめてクラシックをずっと弾いてました。でも高校時代に違うタイプの音楽を夢中に聴くようになったんです。最初はLady Gagaの影響を受けましたね。彼女は色んなタイプの音楽をポップスというなかで乗りこなしていたことが格好良く感じました。それを見て、歌を歌いたいと頭の片隅で思ったんです。けれど、当時は今のように人前に立って歌う日が来るなんて夢にも思っていなかったですね。

ーそれからバークリー音楽大学にジャズピアノを専攻で進学されたとか。バークリーはどんなところだったんですか?

皆、当たり前のように天賦の才能を持っていますね。その中で埋もれないためにはどうしたらいいのかを考えるのに必死でした。バークリーの中にも歌が上手い人がいて、当時の私にとってピアノをしながら歌うことは趣味でしかなかったんです。

そんな中、歌を歌うチャンスが巡ってきたわけですね?

というより、歌う決意をした、というのが正確ですね。19歳のときにオーストラリアのオーディション番組に応募しました。そのオーディション番組では色んなジャンルの人達が出ていて、自分がどのジャンルの出自とか関係なく自分を表現することができたんです。それがきっかけで、台湾のKKBOXを擁するレーベルからデビューする話が舞い込んできたんですよ。

ー台湾に移ってからノルウェー人のEDMプロデューサー・Alan Walkerとも競演していますね。ジャンルを超越して好きな表現をできている理由はなんでしょうか?

台湾でシンガーとして活動するようになるまで、ソウルやR&Bが大好きで、EDMに親しみはなかったんです。でもお話を受けてせっかくの機会だからやらせてもらってから、EDMの良さがわかるようになりました。台湾のリスナー達も特定のジャンルに当てはめて、歌手を括るわけではなくて至ってフラット。そういう状況もあって、私はジャンルやシーンに囚われることなく自由に音楽活動ができています。

次ページ:

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

冨手公嘉

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

1994年10月6日生まれ。台湾で活動中の中国系オーストラリア人シンガー。オーストラリアのオーディション番組での出演より脚光を浴び、台湾の音楽配信サービスを手掛けるKKBOXが擁するレーベルKKFARMよりデビューを果たした新世代R&Bクイーン。ヒップホップとR&Bの要素を混ぜ合わせたトラックの上で心地よいメロディアスなフロウが特徴であり、リリックには韓国の注目シンガーHeizeのようなセンチメンタルな感触を残すものが多い。過去には、R&Bシンガー向井太一とのコラボ曲『FLY』『Rendezvous』をリリース。今後、日本での活躍も期待されるアーティスト。

https://www.instagram.com/juliawu94/
https://www.facebook.com/JuliaWuMusic/
閉じる