大盛況の内に幕を閉じたMusic&Culture Event<PARA->アフタームービー公開

9月1日(日)に開催されたMusic&Culture Event<PARA->のアフタームービーが公開。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

etoo

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

RELATED ARTICLE

関連記事

楽園再び「PARA-」9月開催。出演にRIRI、KEIJU、台湾からJulia Wu

2019年3月にPredawn、Kick a Showらが出演し、初開催ながら約300名の音楽・カルチャーに通じた男女が集まり、好評を博した『PARA-』の2回目の開催が決定。今回は小袋成彬が手掛けた資生堂「ANESSA」のCM楽曲『Summertime』のアジアプロジェクトとコラボレートし、日本と台湾、両国でのイベント開催における日本公演を『PARA-』がサポートする。

気の合う友達はどこでも見つかる。SOM TAM CLUBがパーティーを通して見るアジアのカルチャー

日本国内だけでなくタイ、台湾といったアジアの国々でもパーティーを展開するSOM TAM CLUB。主催である橋本翼(cero)とMOOLAに、その活動とアジアでの交流から感じたカルチャーについて語ってもらった。

「夢に突き進む決心をしたから困難も乗り越えられる」シンガーとして野望を抱くRIRIが目指す道

現在映画『ライオン・キング』の主題歌も担当しているRIRI。チャイルディッシュ・ガンビーノことドナルド・グローヴァーに『ヤングビヨンセ』とも言わしめた彼女。9月1日PARA-で披露されるパフォーマンスを前に、彼女が大事にしていることについて探ってみた。

「人と街に根付いた変わらないモノを撮りたい」Cho Ongoという写真家について

ストリートのリアルを捉える写真家、Cho Ongo。彼の写真の持ち味は、目で見えるものをそのまま飾らずに映し出すことだ。またPARA-にも台湾カルチャーの情報を提供してくれたように“台湾”と“東京”をつなぐキュレーター的な側面も見受けられる。彼の親密さの正体とは。ルーツを紐解いてみた。

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

閉じる