夏にぴったりのアート空間!ライトアップ・アクアリウム・展覧会など、アートイベント特集2019

暑い夏にはアート空間!幻想的なアクアリウムやライトアップ、観て・触れて楽しい展覧会など、編集部イチオシのアートイベントをご紹介します。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

RELATED ARTICLE

関連記事

夏の情感を音に乗せて。Summertimeコラボを続けて互いに見えたもの - RIRI、KEIJUインタビュー

この夏の資生堂『アネッサ』のCMで流れている『Summertime』。時代の移ろいの中、ジャンルを越境したコラボレーションが世界的に当たり前になる中、依頼を受けた小袋成彬が白羽の矢を立てたのが、KEIJUとRIRIだ。ともに国をまたいでコラボレーションをしてきた経験をもつ2人が今思うこととは。PARA-でのパフォーマンスを前に語ってもらった。

誰も手を付けてない余白に価値がある。『BLANKMAG』が続けるゲリラ的匿名活動の背景

9月1日にパラダイム・シフトをテーマに開催される『PARA-』。コンテンツエリアのアイテムを買い付けを担当したのはストリート的な文脈でNY・日本・アジアのアーティスト達とのコラボアイテム販売やポップアップなどカッティング・エッジな活動を続ける『BLANKMAG』だ。これまで語られてこなかった神出鬼没なコレクティブのヒストリーとルーツに迫った。

今年の夏はこれで決まり!野外で映画を観るシネマイベント特集2019

いよいよイベント盛りな夏が到来!数あるイベントの中でものんびりと野外で映画を鑑賞するシネマイベントは幅広い層から人気を集めています。そこで今回は編集部イチオシの野外シネマイベントをご紹介します。

「人と街に根付いた変わらないモノを撮りたい」Cho Ongoという写真家について

ストリートのリアルを捉える写真家、Cho Ongo。彼の写真の持ち味は、目で見えるものをそのまま飾らずに映し出すことだ。またPARA-にも台湾カルチャーの情報を提供してくれたように“台湾”と“東京”をつなぐキュレーター的な側面も見受けられる。彼の親密さの正体とは。ルーツを紐解いてみた。

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

閉じる