身近な憂鬱がテーマ。新鋭ファンクバンド・ディープファン君が新曲「Blue」MV&新アルバムについて語る

昨年の<フジロック>、<りんご音楽祭>、そして今年の<SYNCHRONICITY>と、全てオーディションを勝ち上がって出演を決めるという、まさに今注目すべきライブ・ファンクバンド・ディープファン君。これだけ聞くとクールでカッコいいイメージを抱くが、しかし実際の彼らは良い意味で真逆の、ふざけ倒したナイスなファンク野郎達だ。 そんな彼等が新アルバム「PRIVATE BLUE」に先行して公開した新曲「Blue」はボーカルのチャンがしっとりと歌い上げるスローテンポな傑作。ともすればMVは綺麗なモデルが出てきて意味深なやり取りが繰り広げられそうな雰囲気だが、冒頭からヒーローに扮した男が海から出てきて悪者と戦うという、シュール過ぎるストーリー映像となっていた。 一体これはどういった意味が込められてるのか?次作となるアルバムのコンセプトは?ボーカルのスルガアユムに会って詳しい話をDigってきた。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

目指すは大人の青春!World Mapsが掲げる「マウンテン・ポップ」とは|Music DNA#014

バンドでもヒップホップでもない。人懐っこさと無機質さが共存するMomの音楽性| Music DNA #35

人工知能が見る海の夢?Utaeが追い求める「ロマン」とは | Music DNA #016

「活動のすべてにストーリーがあるべき」。citrusplusのクリエイティブへのこだわり。 | Music DNA #32

自由大学というコミュニティが示す未来について | Sound Location #002

Beyond Pop出演者chelmico選ぶ「これぞポップ!」なプレイリスト

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

etoo

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

AUTHOR

Writer

etoo

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

RELATED ARTICLE

関連記事

To the Paraiso. 〜Yogee New Waves角舘健悟が描く楽園はどこにある〜【Archive】|the future magazine

『PARAISO』をリリースして1年。今では2ndアルバム『WAVES』をリリースし、メジャーへの遺跡も果たし押しも押されぬ存在となった彼ら。逃避的なアルバムをリリースした後、次の一手を探す渦中でありながら、既に自分の目指すべき場所・音楽家として成すべき行為はこのとき既に見えていたのかもしれない。

美月リカさんの思い出の一曲「爪爪爪」/マキシマムザホルモン|Music Episode #010

誰もが持っている思い出の一曲についてインタビューする『Music Episode』。第10回目はガールズレーベル「BABY TRACKS」の代表を務める美月リカさん。彼女の思い出の曲「マキシマムザホルモン/爪爪爪」についてお話を伺いました。

向井太一のストリーミングとの向き合い方と2018年のベストトラック|新作『PURE』インタビュー後編

今や音楽シーンを語る上で欠かせない向井太一に新アルバム『PURE』について、18年の自身の活動についてのインタビューを前編と後編に分けて実施。後編の今回はストリーミングとの向き合い方から自身が選んだ18年ベストトラック10曲についてお話を聞かせてもらいました。

melraw

「知る人ぞ知るミュージシャン」からの脱却。音楽に取り憑かれたMELRAWが描くストーリー | Music DNA #29

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。29回目はWONKをはじめとする数多くのバンド・アーティストのサポートミュージシャンとして活躍している安藤康平のソロ・プロジェクト、MELRAW。サックス、フルート、トランペット、ギター、シンセサイザー、MPCをマルチに使いこなす彼の音楽ルーツや、ソロ・プロジェクトを立ち上げた理由について伺いました。

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
閉じる