macicoが辿り着いた柔軟なスタイル。洒脱なポップネスはどのようにして生まれるのか|BIG UP! Stars #45

BIG UP! Stars

文: 保坂隆純  写:Hide Watanabe  編:久野麻衣

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第45回目はmacicoが登場。

3人組ユニット、macicoがジワジワと注目を集めている。9月、10月と2ヶ月連続リリースとなったシングル曲ではアーバンかつ流麗なサウンドを展開。彼らの作品から感じられる2000年代初頭のR&Bやクラブ・ジャズ、ラウンジ・ミュージックなどの要素は、近年の渋谷系再評価の流れともリンクし、2020年の今にとてもフレッシュな響きとして鳴っている。

そんな中、昨日11月25日には早くも新曲「hanataba」をリリース。本作はタメの効いたビートに華やかなシンセにシルキーなボーカルを乗せたウェルメイドなポップ・ナンバーで、彼らの懐の広さを強く感じさせる1曲だ。

今回はそんなmacicoのこれまでの変遷を追うと同時に、そのポップ・センスの核を紐解くべくメンバーの3人に話を訊いた。

「主軸はJ-POP」

―macico結成の経緯を教えて下さい。

インタビュイー画像

小林斗夢:

元々は僕と女性シンガーとのアコースティック・デュオとして2015年にスタートしたのですが、その2年後に彼女が脱退して。元々バンドをやりたいという気持ちもあったので、名前はそのままで5人編成のバンドとしてリスタートしました。これがmacico2期です(笑)。そこからさらに2年後に、ベースとドラムが脱退しまして、今の3人編成になりました。

―編成と共に、志向する音楽性はどのように変わっていったのでしょうか。

インタビュイー画像

小林斗夢:

デュオのときはミニマルな編成だったので、エヴァーグリーンなサウンドでボーカルをしっかりと聴かせる、ということを意識していました。ただ、活動していくにつれて、作曲の段階でより多くの音や楽器を取り入れたいと思うようになって。そのタイミングと相方の脱退が重なって、バンドに移行したという形ですね。5人編成になった当初から、今と同様に踊れるサウンドをバンドで鳴らすことを意識していました。

―5人編成から3人になった時の変化についても伺いたいです。

インタビュイー画像

小林斗夢:

5人のときは生演奏を活かしたサウンドを考えていたのですが、そこからベースとドラムが抜けたので、自然と打ち込み要素の強いバンドへとシフトしていきました。僕もギター・ボーカルからピン・ボーカルになり、そういった変化も多少なりサウンドに反映されているとは思います。

―大枠として、「踊れるサウンドをバンドで鳴らす」という部分はブレずに、テイストや質感が変化していったと。

インタビュイー画像

小林斗夢:

そうですね。主軸はJ-POPであること。全員ポップな音楽をルーツに持っているので、そこはブレずに。それをダンサブルなサウンドに乗せるということを意識しています。

―編成もサウンドも大きく変化しつつも、macicoという名前を貫いています。この名前には何か特別な思いが?

インタビュイー画像

小林斗夢:

macicoの前にギターロック・バンドに在籍していたのですが、そこを自分の意思で脱退してmacicoをスタートさせたんです。その時、何があってもmacicoは続けていきたいという気持ちが芽生えて。形やメンバーは変われど、僕を中心としたプロジェクトとしてmacicoは続いていくというか。

―なるほど。では、現在のメンバーであるyukinoさん、堀田さんとはどのような関係性だったのでしょうか。

インタビュイー画像

小林斗夢:

yukinoとは10代限定のオーディションで知り合って、それ以来対バンなどで共演するような間柄になりました。女性の声が欲しかったので、キーボードも弾けて歌える存在ということで真っ先に浮かび、それでお声がけしました。
インタビュイー画像

yukino:

(小林は)私の前のバンドの他のメンバーとはとても仲が良くて。ただ、私とはそこまでたくさん話したりするような関係ではなかったんですけど(笑)。
インタビュイー画像

小林斗夢:

ギターの堀田も元々彼がギター・ボーカルを務めていたバンドでの共演を経て知り合って。ギターのセンスもピカイチだなと思っていたので、すぐに声を掛けました。当時、勝手にライバル視というか、僕はすごく意識していた存在だったんです。

―では、おふたりに声を掛けられた当時の小林さんの印象などをお聞きしたいです。

インタビュイー画像

yukino:

最初は驚いたんですけど、2人組だった時代のmacicoがすごく好きで、作品もよく聴いていたんです。なので、声を掛けられたときはすごく嬉しかったですね。ただ、当時はバンド活動から時間が空いていたタイミングで、自分の中で音楽との向き合い方について考えているときだったので少し悩みましたが、彼の「バンドでこういう音楽をやりたい」という話を聞いて、おもしろそうだしやってみようと。その時の会話ではフレンチ・ポップだったり、大橋トリオさんの名前が挙がっていたように記憶しています。

―堀田さんはいかがですか?

インタビュイー画像

堀田コウキ:

バンドで対バンしてたのは結構前の話で、斗夢とはそれから3年くらい会っていなかったんです。ただ、SNSでは繋がっていたので、お互いの近況は何となく知っている、という状態で声を掛けてもらいました。元々彼の作る曲が好きなのと、僕は人の曲をアレンジすることも得意なので、絶好の機会だなと。あと、僕もyukinoと同じく、その時バンドをやっていなかったので、タイミング的にもよかったんです。
次ページ:フレンチ・ポップ、チルウェーブ、クラブ・ミュージック――今のmacicoを形成する要素

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

PHOTOGRAPHER

Hide Watanabe

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる