「ずっと負け続けてきたけど、ようやく光が見えてきた」Mattonが語るPAELLAS結成6年目の自負と覚悟【Archive】|the future magazine

2016年当時、PAELLASというバンドでの方向性を模索していた主に作曲を手がけるANAN氏とボーカルのMATTON氏。never young beachが躍進するなか、自分たちがなにができるか方向性を模索していたその渦中にいる彼らにじっくり話を聞いた。前後編の2回に分けて記事を届ける。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Hiroyoshi Tomite

PHOTOGRAPHER

Kodai Kobayashi

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

RELATED ARTICLE

関連記事

nobuses

「音楽を作るときくらいは何にも縛られず自由でいたい」退屈な日々を突き破れー No Buses|the future magazine

それは懐古主義やノスタルジーの地平とは違う、鬱屈とした感情の発露として鳴らされる音楽だった。現役大学生のガレージロックバンドNo Busesは、足元のエフェクターボードを見つめ、ナンセンスなユーモアを仲間と共有しながら自分達のコスモを作りあげた。これまでシングルやepのみの発売でありながらインターネットの海に流れた音楽は世界へと広まった。彼らが抱く退屈さを突き破ろうと邁進する音楽のフィーリングに耳をすませば、何が浮かび上がるのだろう。今の20代が抱える諦念か、音楽に身を賭すことに託した願いか。

Gateballers☓写真家・相澤有紀のインド旅ドキュメンタリーブック創刊  クラウドファンディングがスタート

Gateballersと写真家・相澤有紀の10日間インド旅をまとめたドキュメンタリーブックが創刊される。

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

PAELLAS
大阪で結成。東京を拠点に活動する5人組バンド。広がりのあるシンセに タイトなドラム、そしてよく動くベースが織りなす甘美な音像にボーカルの Mattonの妖艶な歌声が絡みあい、現在ライブシーンでファンを拡大中。 1月1日 ミニアルバム『Remember』が発売。 3月よりPEACH JOHNとのCMタイアップでPAELLAS のトラックが 全国OAされているほか、新曲『PEERS』がiTunesで発売中。

※掲載当時のプロフィール文を流用。
閉じる