Kitriが歌うポップな新境地。『Kitrist II』で踏み出した新しい表現とは

Topics

文: 黒田 隆太朗  写:山口こすも 

Kitriが2作目のフルアルバム、『Kitrist II』をリリース。表現の幅をグッと広げた新作を、MonaとHinaのふたりが語る

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

山口こすも

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

姉のMonaと妹のHinaによるピアノ連弾ボーカルユニット。 クラシックをベースに持ちながら実験的な音楽を創造し独自の存在感を放つアーティストとして、 2019 年1月、日本コロムビア BETTER DAYS レーベルより 1st EP「Primo」でメジャーデビュー。 同月、初のワンマンツアー「キトリの音楽会♯1」を開催。 7月には 2nd EP「Secondo」を発表し「キトリの音楽会♯2」の全国ツアーを開催。 2020年1月1st アルバム「Kitrist」を発表。ツアーは延期となったが、その間「Lily」、「人間プログラム」、 「赤い月」と、起伏に富んだ楽曲の 3 作連続配信やライブで観客を魅了しているカヴァー曲のアルバム 「Re:cover」を制作、また「Kitriのきとりごとらじお」(FM大阪)のレギュラー DJを7月から務め常に精力的 に世の中へ発信し続けた。 二度の延期を経たツアー「キトリの音楽会 #3 “木鳥と羊毛”」を2021年1~2 月に満を持して開催。 2月に先行シングル「未知階段」で、新たな表現の扉を開け、4月に2ndアルバム「Kitrist II」をリリース。 同月、α-STATION でのレギュラー番組「Kitristime」(キトリスタイム)もスタート。 6月には、Kitri初となる、Billboard Live 横浜と大阪でのライブを予定しており、 「Kitri & The Bremenz Live」と題し、神谷洵平(Dr.)、千葉広樹 (B.)、副田整歩 (Sax.) を迎えての初のバン ド編成で実施予定。
閉じる