一生青いままでいよう。恋よりも夢を歌う-KARMA-が貫く理想

文: 黒田 隆太朗  写:百瀬浩三郎 

北海道出身のスリーピース-KARMA-が2枚目の国流通盤『DAYS E.P.』をリリース。高校卒業後初となる作品で垣間見せた変化と、バンドにかける意志を語る

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

百瀬浩三郎

TAG;

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

斉藤 陸斗 (Ba) さいとう りくと
畑山 悠月 (Vo/Gt) はたやま ゆづき
金田 竜也 (Dr) かねだ たつや

メンバー全員が2000年生まれ、北海道出身・在住の3ピースロックバンド。2016年5月に札幌で結成。
青春感溢れる歌詞と、聴く人が思わず笑顔になる躍動感のあるライブが持ち味。
とにかく前を向いて等身大で“夢”を歌うけど、時おり感じさせる“哀愁”が聴く人の心を揺さぶる!少しやんちゃで、人懐っこく、個性豊かなキャラクターも相まって、全国でファンが増殖中。

2018年5月よりタワーレコード札幌ピヴォ店のみで販売を始めた自主制作CD『少年から』が、同店の週間インディーズチャートで1位を獲得。2018年7月には北海道の大型音楽フェス「JOIN ALIVE」への史上初の高校生での出演をはじめ、同年11月にリリース した初の全国流通盤ミニアルバム『イノセント・デイズ』はロングセールスを記録中。
2019年1月から 半年間にわたって、高校生としては異例の地元北海道のラジオ番組 AIR-G'「FM ROCK KIDS」レギュラーを担当。同年3月に北海道限定盤となるEP『クラスメート』をリリースする。
5月には「FM802 30PARTY Rockin’ Radio オープニングアクトオーディション」で見事1位を獲得し、大阪城野音にて、今を代表するアーティストが出揃う中でオープニングアクトを務めるなど、10代ながら多方面からの注目を浴びている。

そして、2019年10月16日には2枚目となる全国流通盤『DAYS E.P.』をリリースする。
閉じる