一生青いままでいよう。恋よりも夢を歌う-KARMA-が貫く理想

Topics

文: 黒田 隆太朗  写:百瀬浩三郎 

北海道出身のスリーピース-KARMA-が2枚目の国流通盤『DAYS E.P.』をリリース。高校卒業後初となる作品で垣間見せた変化と、バンドにかける意志を語る

若さは歳を取っても失われない。人はいつまでも青いままでいられる、そんな永遠の青春を歌うのが-KARMA-だ。北海道出身、今年高校を卒業したばかりのスリーピースだが、地元のラジオでプッシュされることで認知度を拡大。JOIN ALIVEにも出場するなど、既に北の地では存在感を強めているバンドである。ミスチルの歌に魅せられた畑山悠月(Vo&G)は、桜井和寿になりたい!と思い立ちギターを譲り受け音楽の道に邁進。いくつかのバンドを経験し、今-KARMA-を転がしている。目標は国民的なバンドになること、「恋」よりも「夢」を鳴らす音楽家である。ド直球のギターロックであるが、andymoriやTENDOUJIの音楽を吸収し、音楽性を広げ始めたのが本作『DAYS E.P.』だ。

小細工はなし、ストレートな歌とサウンドで勝負する彼らの楽曲は、嘘がない故にすべてがドキュメントである。現在18歳、子供と大人の狭間に生きる等身大の「今」を詰め込んだ新作について、畑山に語ってもらった

フェイバリットは『HOME』と『SUPERMARKET FANTASY』

ー最初にギターを持ったのはいつですか。

中学二年の時です。3歳くらいからORANGE RANGEの「花」を歌っていたみたいで、おばあちゃんは「この子音楽が好きなんだ」と思い、幼稚園の年長から6年生まで7年間バイオリンを習っていました。

ーじゃあ最初に持った楽器はバイオリンなんだ。

はい。でも、中学に上がったところで、1回音楽から離れて野球部に入って。中学は遊びと野球で必死でした。そんな時、たまたま車の中でミスチル(Mr.Children)の「エソラ」がかかって、ミスチルの曲をフルで聴くのは初めてだったんですけど、それを聴いた瞬間ヤベぇなと思って。お母さんやお姉ちゃんがミスチル好きだったので、ライヴ映像が家にあり、それを見ているうちに自分も桜井さんになりたいって思うようになりました(笑)。それで従妹のお父さんからアコギをもらって、僕もギターを始めました。

ミスチルに出会ってからは、自分の中で音楽が一番大きい存在になりました。それまでのプロ野球選手になりたいとか、保育士になりたいっていう夢をすべて差し置いて、バンドで有名になるっていう夢ができた瞬間ですね。

ーちなみに、アルバムでは何が一番好きですか。

『HOME』と『SUPERMARKET FANTASY』ですね。「over」とか「クロスロード」もめっちゃいいなって思うんですけど、いつでも最初に再生ボタンを押しちゃうのはその2作です。中には暗い曲もあるけど、あの2作は明るい曲が多くて。聴いていて明るくなれるし、暗い曲でさえ明るい気持ちで聴けるところが好きですね。

ー逆に言うと、温かさや前向きさを音楽に求めている?

そうですね。僕もメロディが温かくて、明るいものを作りたいです。初めてこのバンドの音楽を聴いた人が、「このバンドを聴いたらめっちゃ元気出る」って思ってくれるようなバンドでいたい。これまでも-KARMA-のライヴに行ったら元気になれますって言ってくれる人が多いんですけど、僕はそれが一番嬉しいです。野球やっていた時も人前に立つことが好きだったんですけど、僕は昔から黙っていられない人間というか、普段からじっとしてられないし、人を元気にさせるような人になりたいっていうのは昔から思っていました。ライヴやっていて凄く幸せな気持ちになるし、見ているお客さんもそうなってほしい。僕はそういう気持ちでバンドに懸けています。

次ページ:少しオシャレになってきた?

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

百瀬浩三郎

TAG;

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

斉藤 陸斗 (Ba) さいとう りくと
畑山 悠月 (Vo/Gt) はたやま ゆづき
金田 竜也 (Dr) かねだ たつや

メンバー全員が2000年生まれ、北海道出身・在住の3ピースロックバンド。2016年5月に札幌で結成。
青春感溢れる歌詞と、聴く人が思わず笑顔になる躍動感のあるライブが持ち味。
とにかく前を向いて等身大で“夢”を歌うけど、時おり感じさせる“哀愁”が聴く人の心を揺さぶる!少しやんちゃで、人懐っこく、個性豊かなキャラクターも相まって、全国でファンが増殖中。

2018年5月よりタワーレコード札幌ピヴォ店のみで販売を始めた自主制作CD『少年から』が、同店の週間インディーズチャートで1位を獲得。2018年7月には北海道の大型音楽フェス「JOIN ALIVE」への史上初の高校生での出演をはじめ、同年11月にリリース した初の全国流通盤ミニアルバム『イノセント・デイズ』はロングセールスを記録中。
2019年1月から 半年間にわたって、高校生としては異例の地元北海道のラジオ番組 AIR-G'「FM ROCK KIDS」レギュラーを担当。同年3月に北海道限定盤となるEP『クラスメート』をリリースする。
5月には「FM802 30PARTY Rockin’ Radio オープニングアクトオーディション」で見事1位を獲得し、大阪城野音にて、今を代表するアーティストが出揃う中でオープニングアクトを務めるなど、10代ながら多方面からの注目を浴びている。

そして、2019年10月16日には2枚目となる全国流通盤『DAYS E.P.』をリリースする。
閉じる