自由になったOh my!の新作『SPARK』。心機一転、ふたりでの新たな活動に迫る

Topics

文: 黒田 隆太朗  写:吉澤健太 

ベースが脱退しふたり体制になったしなまゆが、バンドネームを「Oh my!」に改名し初の作品『SPARK』をリリース。「より自由になった」と語るふたりの胸中に迫る

Oh my!の新作『SPARK』は、作り手の喜怒哀楽が弾けるアルバムだ。音楽ができる喜び、匿名の世界で幅を利かせる有象無象への怒り、何も告げずに去っていく仲間への哀しみ、そして「温泉EDM」なんかを作れてしまうクリエイティブの楽しみーーここには「より自由になった」というふたりの、等身大の感情が溢れている。今年の2月にベースのウエノハラが脱退、名義を「しなまゆ」から「Oh my!」に変えての初の作品は、いかにもこのふたりらしい眩しい一作だ。心機一転、新たな活動のタームに入ったモリユイとタクマに、がっつり新作を語ってもらった。

自由になれた

改名した理由から聞かせてもらえますか?

インタビュイー画像

モリユイ:

ベースがいた時から名前変える話は出ていたんですけど、ライブで「しなまゆは一生解散しません」って言っていたので、名前変えちゃったら嘘ついたことになるかなって思って悩んだんですよね。ただ、ベースが抜けることを機に私達も新しく始めていくなら、覚悟決めるためにもいいかもねってことで名前を変えました。

ーOh my!として初の作品は凄くパワーのある作品になりましたね。

インタビュイー画像

タクマ:

フレッシュな音になりましたね。
インタビュイー画像

モリユイ:

今までのアルバムってかなり綺麗に仕上げていたんです。ずっと遊び心は持ってやってきましたけど、パッケージングする時は商品として綺麗に作っている自覚が自分達にはあって。ただ、今回は(サポートで入る)ベースが男性になったこともあって、楽曲のオケ自体が凄くアグレッシブな音になったんですよね。今までで一番若いし、より自由に作れた感じがあります。

ーOh my!名義の曲が2曲あり、ひとつは6曲目の弾き語りで、もうひとつが2曲目の「AWA」です。どちらかと言うと、「AWA」にふたりの今の気分が表れているのかなと思ったんですけど、どうですか?

インタビュイー画像

モリユイ:

パッパラパーな曲ですね。

ーというと?(笑)。

インタビュイー画像

モリユイ:

しなまゆの時から着想はあって、ふたりになってから本格的に作っていった曲なんですけど。私、時々「EDMを作りたい」っていう発作が起きるんですよね(笑)。それでなんちゃってEDMを作ろうよってところから、”ハッピーアワー”って単語が凄く楽しくていいじゃんって話になって…まあ、私達お酒は全然飲まないんですけど。
インタビュイー画像

タクマ:

全く飲まない(笑)。
インタビュイー画像

モリユイ:

だから世間一般の”ハッピーアワー”は全然ハッピーじゃないんですけど、”アワー”と”泡”をかけて、お風呂でいいんじゃないかって思いついて。そのテーマでEDMを作りました。

ーEDMは何の影響ですか?

インタビュイー画像

モリユイ:

去年K-POPにハマっている話をしたと思うんですけど、いまだにどっぷりなんです。K-POPはEDMからの影響が強いし、絶対ラップパートの人がいるので、それで私もラップしようみたいな(笑)。それで<登別 草津 熱海 伊豆>って温泉地の名前をひたすら連ねるラップを入れてます。

ーなるほど(笑)。特にハマっているものは?

インタビュイー画像

タクマ:

SEVENTEENですね。

ーユイさんも?

インタビュイー画像

モリユイ:

私はもう丸々一年ファンクラブを更新しました。

ー(笑)。

インタビュイー画像

モリユイ:

彼らは自分達のことを”自主制作アイドル”と掲げていて、自分達で曲を作って歌詞も書き、ダンスも作っているんですよ。それもあって、なんか感情移入しやすいんですよね。共感しやすいというか。歌ってダンスして曲作って歌詞も書いてメンバーみんな仲が良くて、そういうのを見てると自分達を投影してしまうというか。この人達が頑張ってるなら私達も頑張ろうと思える。
インタビュイー画像

タクマ:

あと、K-POPは単純に歌唱力が群を抜いていますよね。蓋を開けてみたらBruno MarsMichael Jacksonをルーツに上げている人が多くて、基盤がしっかりしている。そうした王道の音を取り入れているから、ちゃんとしたポップスになっているんだなって思います。

ーそうした発想は、Oh my!に取り入れようという意識はありますか?

インタビュイー画像

モリユイ:

私はあると思います。ただ、歌詞を書くのが私で、曲を作るのがタクマなので。あんまり曲自体に影響が出ている感じではないかもしれないです。
インタビュイー画像

タクマ:

そうだね。ただ、僕はなんとなくメロディを考えつつも、それを敢えて付けずにコードや全体の雰囲気だけ作ってユイに渡すことがあるんです。

ー何故?

インタビュイー画像

タクマ:

メロディはユイに付けてもらおうと思って、敢えて付けずに預けるんです。そしたら渡した段階では地味になりそうだと思っていたものが、ユイがK-POPにハマってからは全然違う形になって返ってくることがあって。そこから僕のイメージもシフトチェンジして、結果違うアレンジを思いついたり、化学変化が起こるようになったんです。
インタビュイー画像

モリユイ:

私は邦楽で言えば地味なものが好きなので、自分もそっちに寄っていっちゃうんですけど。やっぱり自分が歌う時は、落ち着いたものより雰囲気があるものが好きだし、レコーディングに入る時もK-POPを聴いてからはめっちゃ歌が上手くなったんですよ。K-POPの人達は衣装もメイクもがっつりして、派手な曲をやって派手に踊ってのが見ててやっぱり楽しいですよね。エンターテインメントとして成り立っていて、どんだけ同じ曲をやっても飽きないところもカッコいいと思います。そういうところで影響はあるかもしれないですね。
次ページ:この子は有名にせなあかん

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

吉澤健太

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

立川謹製バンド「しなまゆ」として、2014年にメジャーデビュー。
その後アルバム2枚、ミニアルバム1枚をリリース。
2020年1月31日にベースが脱退したことを機に、名前も新たに二人組音楽ユニット「Oh my!」として新たなスタートを切る。
同年に新体制初となるミニアルバムをリリース。
Vo.モリユイが全身全霊で響かせる絶対的な歌声と、Gt.タクマの縦横無尽なギタープレイを武器に、2020年に切り込んでゆく。
閉じる