ベースヤードトーキョー

原宿の複合型ショップ「ベースヤードトーキョー」の12月館内BGMプレイリスト

News

文: 梶野有希 

DIGLEが選曲するファッション、漫画、カルチャーなど新しいもの・ことを発信していく複合型ショップ「baseyard tokyo(ベースヤードトーキョー)」の店内BGM12月版から各時間帯の一押し楽曲をピックアップしてご紹介します。

DIGLEが選曲を務める、ファッション、漫画、カルチャーなど新しいもの・ことを発信していく複合型ショップ「baseyard tokyo(ベースヤードトーキョー)」の店内BGMプレイリストが更新。

12月は「空気澄んだ冬の空」をテーマに新曲を中心に幅広いジャンルから各時間帯のテーマに合わせた楽曲をセレクトしています。

そんな各プレイリストからオススメ楽曲をピックアップしてご紹介。

NEW DAY(11:00-13:00)|baseyard tokyo(ベースヤードトーキョー)BGM

Plastic Love / CHAI

11月6日にリリースされたCHAI初のカバーソング「Plastic Love」。本曲は竹内まりやの12枚目のシングルであり、1984年にリリースされた6枚目のアルバム『VARIETY』に収録されており、〈都会暮らしの若い女性による自由恋愛〉というテーマのもと、制作された楽曲です。原曲の雰囲気を残しながら、CHAIらしいサウンドと混ざり合った新しい表情が楽しめる1曲です。

あいまいでいいよ / 羊文学

11月18日より羊文学の新曲「あいまいでいいよ」の先行配信がスタート。12月9日にリリースされるメジャーデビューアルバム『POWERS』のリード曲となっています。優しい音色のギターから幕開けしますが、何にもなれないような2人の霧がかった関係がゆったりと描かれている切ないナンバーに仕上がっています。もどかしくて曖昧なリリック、ドリーミーなサウンドに心掴まれるでしょう。

COZY(13:00-15:00)|baseyard tokyo(ベースヤードトーキョー)BGM

Paradise feat. Michael Kaneko / DJ HASEBE

11月18日にリリースされたDJ HASEBEの新曲「Paradise」。初アルバム『ESTERO』でもフィーチャリングしたMichael Kanekoを招き、シティ・ポップのミックス・アルバムの発売に先駆けた先行リリース第2弾シングルとなっています。掴みどころのない彼女との束の間のバケーションを、海辺のホテルでゆっくり過ごす時を描いた大人な恋愛模様が描かれています。

ラテラルアーク / クレナズム

福岡の4人組バンドクレナズムが11月18日にリリースした3枚目のアルバム『eyes on you』収録曲。本曲は軽快なリズムと透明感ある歌声が心地よく、壮大なサビも聴きどころ。同作に収録されている「キミのいない世界」はMVも公開されており、ティーンの恋愛感を描いたエレクトロサウンドを楽しめる曲となっています。

Sooo Good!!(15:00-19:00)|baseyard tokyo(ベースヤードトーキョー)BGM

Disco Dancing / Namy, Ayoni

Yutaka Takanamiを中心とした音楽プロジェクトNamyが21歳のシンガーソングライターAyoniを迎えた新曲「Disco Dancing」を10月30日にリリース。哀愁感のあるディスコポップとなっており、華やかな本曲にぴったりなアートワークはヤナギダマサミが担当しています。

こいつらあいてる / ニガミ17才

11月17日にリリースされたニガミ17才の3枚目のミニアルバム『ニガミ17才o』収録曲。公開されているMVはこれまでもニガミ17才の作品を手がけてきた加藤マニが監督を務めており、高速で場面が切り替わる飽きのこないユニークな映像に仕上がっています。

Chillaxing(19:00-21:00)|baseyard tokyo(ベースヤードトーキョー)BGM

18 (Prod. KM) / MANON

MANONが11月20日にシングル「18」をリリース。本曲はKMによるプロデュース曲で、オルタナティブロックなアレンジが施されています。ジャケットはMANONのセルフ・ディレクションとなっており、MVのディレクションにも携わるなど音楽面以外での表現にも注目です。

You / Ryohu

ヒップホップクルーKANDYTOWN中心メンバーであり、あいみょんSuchmosBase Ball Bearなど様々なメジャーアーティスト作品にも客演もする人気のラッパーRyohuが11月25日にリリースしたファーストアルバム『DEBUT』収録曲。ゲストボーカルにAAAMYYYを招き、まだ見ぬ天使を待つ多幸感溢れるナンバー。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

梶野有希

97年生まれ。ライブハウスとインディーズロックが大好きです。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

ベースヤードトーキョー
閉じる