Tokyo RecordingsプロデューサーYaffle待望のアルバム発売決定&Remix公開

News

文: やぎれお 

Tokyo RecordingsのプロデューサーYaffleの待望のアルバム発売決定 「À l'envers feat. Elia」のTRACE7000によるクラブ・ミックスを8月14日にリリース。

Tokyo Recordings所属のプロデューサー=Yaffle小島裕規)。自身の作品では海外アーティストとのコラボレーションを続ける彼が7月31日発売の最新配信シングル「À l’envers」(読み方:ア・ランヴェール)のクラブ・ミックス「À l’envers feat. Elia (TRACE7000 Remix)」を8月14日(金)にリリースした。

パリジャン・ポップの新星、Eliaとタッグを組み、フランスを始めとする海外でも話題になっているこの曲のリミックスを手掛けたのは、チル・ポップ・デュオKlyneのメンバーとしても活動するFerdousによるエレクトロニック・プロジェクト、TRACE7000。オランダとアフガニスタンをルーツに持つFerdousは、これまでにDisclosureMiike SnowTiga & Boys Noizeらのリミックスを手掛け、TRACE7000としてEPをTurbo Recordingsからリリースしている。

TRACE7000ことFerdousコメント:

「しばらくリミックスというものをやってなかったので、この曲をダークでダウンテンポなダンス・リミックスに仕上げることが出来てエキサイティングだったよ。この曲が持つドリーミーでメランコリックな雰囲気が好きだったので、もしこの曲が自分の夢の中で流れていた時にどのように聞こえるかを再現してみたんだ。結果的にムーディーな感じになったと思う。皆がコロナ禍で自宅でこの曲に合わせて踊ったり、クラブでこの曲で踊っている夢を見てもらえたら嬉しいな。」

そしてYaffleとして初のアルバム配信も9月18日(金)に決定。タイトルは『Lost, Never Gone』。シングルやEPの配信リリースを重ねてきた彼が、昨年の欧州コライト旅で書き溜めた楽曲を一つの物語としてアルバム作品に纏め上げている。ヨーロッパ各地のアーティスト計8名とのコラボレーションを収録したこのアルバムのアートワークとトラック・リスティングが公開となった。先行シングル「Lost, Never Gone」「À l’envers」でフィーチャーしたLinnéa LundgrenとElia以外の参加アーティストは近日公開となる。

Yaffleプロデュース・ワーク 代表作品のプレイリストもSpotifyで公開中

INFORMATION

New Digital Remix Single

アーティスト名: Yaffle
タイトル: À l’envers feat. Elia (TRACE7000 Remix)
レーベル: Picus Records/Caroline International
リリース: 2020年8月14日(金)

1st Album

アーティスト名: Yaffle
タイトル: Lost, Never Gone
レーベル: Picus Records/Caroline International
リリース: 2020年9月18日(金)

トラックリスト
1. LNG, Before
2. À l’envers feat. Elia
3. Rafter
4. GMYP
5. You Come Undone
6. Blindness
7. Nothing Lasts
8. Lost, Never Gone feat. Linnéa Lundgren
9. The Child Inside

Yaffle(ヤッフル)

東京都出身。小袋成彬氏と共にTokyo Recordingsを設立したメンバーの一人。その感度の高いプロデュース・ワークで、小袋成彬、藤井 風、iri、SIRUP、SANABAGUN.の高岩遼、Capeson、柴咲コウ、adieuらのアレンジや楽曲提供から、CM、映画『響』、『ナラタージュ』などの音楽制作等、幅広く活躍する気鋭のソングライター/プロデューサーである小島裕規。自身のアーティスト・プロジェクトでは海外アーティストとのライティング・セッションで生まれた楽曲を2018年からリリースを始め、国内外で注目を集める。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

やぎれお

海外エンタメオタクの男子大学生。洋楽、海外ドラマ、海外セレブ情報まで海外エンタメが大好きです。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる