Kan Sano、日本人アーティスト初となる名門〈デッカ・レコード〉から「Think Twice」全世界リリース

News

文: Kou Ishimaru 

10月2日(金)にKan SanoがカバーしたDonald Byrdの「Think Twice」が、〈デッカ・レコード〉から配信シングルとして全世界リリースされることが決定。同日に日本先行発売されるアルバム『ブルーノート・リイマジンド』の日本盤のボーナス・トラックとしても収録されている。

Kan SanoがカバーしたDonald Byrd(ドナルド・バード )の「Think Twice」が、10月2日に〈デッカ・レコード〉から配信シングルとして全世界リリースされることが決定。

昨年90周年を迎えた名門〈デッカ・レコード〉とブルーノートがタッグを組み、10月2日(金)に日本先行発売されるアルバム『ブルーノート・リイマジンド』。現在のUKジャズ界を代表するアーティストが集結しブルーノートの名曲を鮮やかにカヴァーしている本作だが、日本盤のボーナス・トラックとして収録されるKan Sanoの「Think Twice」が、同日10月2日(金)に〈デッカ・レコード〉から配信シングルとして全世界リリースされることが発表された。

クラシック音楽を取り扱う〈デッカ・クラシックス〉はこれまでに小澤征爾村治佳織などの日本人アーティストをリリースしてきたが、ジャズやポップスなどを扱う〈デッカ・レコード〉が日本人アーティストの楽曲を全世界リリースするのは、今回のKan Sanoが史上初となる。

かねてよりTom Misch(トム・ミッシュ)やGilles Peterson(ジャイルス・ピーターソン)などUKジャズ界からも称賛されているKan Sanoだが、かつてThe Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)の「Beggars Banquet」や「Let It Bleed」といった名盤を生み出し、デビュー前のThe Beatles(ザ・ビートルズ)をオーディションで落選させたという伝説も持つ名門中の名門である英国レーベルの歴史に、日本人として初めて名を刻むことになった。

また、今回の快挙についてや、アルバム『Blue Note Re:imagined』について、Kan Sano自身がコメントしている。

Kan Sano コメント

快挙について

デッカ・レコードから日本人アーティストとして初めて楽曲をリリースすることについてまだ実感がまったくないのですが、とても光栄なことです。日本には新しいジャズを生み出している素晴らしいアーティストがたくさんいますし、他の誰かが「初めて」になっていた可能性もあります。自分はただラッキーなだけだと思います。

『Blue Note Re:imagined』について

ウェイン・ショーターの『ナイト・ドリーマー』のカッコよさに気づいたのが20年前。気がつけば十代の頃から今までずっとブルーノート作品に魅了されていますが、こうしてブルーノートと関われることが嬉しいです。今回の『ブルーノート・リイマジンド』参加アーティストはそれぞれかなり自由に解釈、再構築していて素晴らしいです。あらゆる音楽のエッセンスが詰まっている。これが今のジャズだと思います。

INFORMATION

アルバム『Blue Note Re:imagined』リンク情報

日本公式HP

Instagram

試聴

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる