ハードなロックを奏でるメイド5人組。BAND-MAIDの『海外ツアーで聴いていた曲』|プレイリスト連載3/4

Playlist

文: 斎藤加織 

BAND-MAIDがテーマごとにお気に入りの曲をコメントと共に紹介するプレイリスト連載企画。3週目は『海外ツアーで聴いていた曲』をテーマに選曲してもらいました。

BAND-MAIDのメンバーが選ぶ海外ツアーで聴いていた曲

Die Young/KESHA

インタビュイー画像

MIKUのセレクトポイント:

昔からKESHAさんはすごく好きっぽ。移動中の車でよく聴いてたっぽ。テンションがあがるっぽー

Galway Girl/エド・シーラン

インタビュイー画像

KANAMIのセレクトポイント:

エド・シーランは凄く好きでライブも行ってしまうほど…。海外ツアーの時は海外の街並みにぴったりでこの曲ばっかり聴いていました。メロディセンスが抜群で、何度もリピートしてしまいます。

Good Morning Night/ジェジュン

インタビュイー画像

SAIKIのセレクトポイント:

海外ツアー中は楽しいけど、日本が恋しくなったりします。それと同じくらい自分が好きな声の主も恋しくなったりします。そんな声の主がこの人。曲調もとても素敵だし、本当に声が素晴らしい。ライブでもとても盛り上がってる曲だし、オススメの曲。元気になりたかったり気合い入れようと思ったりした時によく聴いてたかな。

Stripper Vicar/Mansun

インタビュイー画像

MISAのセレクトポイント:

こちらも友人に教えてもらったバンド。イギリスのチェスター出身の男性バンドです。簡潔にいうとしたら、全ておいてグッとくるわ、ボーカルの声も好みだわ…で、海外ツアーの移動中にもよく聴いてました。もう解散してしまっているのが悲しい。ライブ見てみたかったな…。彼らの曲のセンスが凄く私の好みです。

平成ペイン/go!go!vanillas

インタビュイー画像

AKANEのセレクトポイント:

軽快なビートで自然と身体が揺れ、元気になれる曲です!テンションを上げたい時や、ポジティブになりたい気分の時に効果大です!私は主に飛行機や車での移動中や、朝起きてホテルで準備している時のBGMとして曲を流していたのですが、1日の始まりに聴くと1日中ずっと元気でいられる気がしますっ!!

INFORMATION

BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018-2019【侵略】

2018/09/12(水)神奈川・川崎CLUB CITTA’
2018/09/15(土)石川・金沢EIGHT HALL
2018/09/17(月・祝)新潟・studio NEXS
2018/09/22(土)広島クラブクアトロ
2018/09/24(月・祝)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2018/09/28(金)愛知・ZEPP NAGOYA
2018/09/30(日)宮城・仙台Rensa  
2018/10/07(日)香川・高松MONSTER
2018/10/08(月・祝)大阪・なんばHatch
2018/11/04(日)札幌ペニーレーン24
2018/11/30(金)福岡DRUM LOGOS  
2018/12/01(土)熊本B.9V1
2018/12/08(土)京都FANJ
2018/12/09(日)兵庫・神戸Harbor Studio
2018/12/14(金)長野CLUB JUNK BOX
2018/12/16(日)山梨・甲府CONVICTION
2019/01/11(金)東京・新木場STUDIO COAST
2019/01/12(土)東京・新木場STUDIO COAST

【WORLD TOUR】BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018【宣告】~senkoku~

■Nov 09th, Los Angels, Lodge Room
■Nov 10th, San Francisco, The Chapel
■Nov 14th, Helsinki, Nosturi
■Nov 16th, Amsterdam, Melkweg
■Nov 17th, London, The Dome
■Nov 18th, Paris, Backstage
■Nov 21st, Berlin, SO36
■Nov 22nd, Munich, Feierwerk
詳細はBAND-MAID Official Siteをチェック!

BAND-MAID Profile

2013年7月結成、同年8月に現在のラインナップとなる。
メイドの姿をした5人組ロック・バンドである。
~ありそうでなかった、メイドのバンドのガチロック~
衣装はメイド服で、ライブを『お給仕』、観客を『ご主人様』・『お嬢様』と呼び、メイドの世界観を演出する一方で、ビジュアルとは相反するハードなロック・サウンドを武器に観る人を魅了し、既に日本だけに留まらず、海外のご主人様、お嬢様にも熱狂的に受け入れられている。
2016年3月には世界8ヵ国9カ所で初ワールドツアーを開催し、7,000 人以上を動員。
2017年は、バンド初のワンマンツアーを全国 6 カ所(8 公演)で開催し、チケットは全公演 SOLD OUT 。
11月24日には新木場スタジオコーストにてツアーファイナルを行い、即日完売となる。
12月9日は追加公演のZEPP DIVERCITY TOKYOを成功させる。
2018年は世界征服を高らかに掲げ、2月にその名を冠したフルアルバム「WORLD DOMINATION」リリースを皮切りに、
4月開催のツアーにてZEPP TOKYOをSOLD OUTさせる。
6月にはワールドツアーをスタート。初日メキシコは即日完売を記録。
7月25日には3rdシングル「start over 」をリリース。
8月には国内の主要ロック・フェスに多数出演が決定し、世界規模で本格的にメイド旋風が吹き荒れている。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

斎藤加織

ライター。音楽と映画と食べることが好き。音楽記事を書いたり、イベントスタッフをしたり色々しています。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる