クリエイターの部屋 vol.4| フィンランドで活動するLofi Hip Hopプロデューサー・Jokujekkuの暮らし方

Rensai

文: Mao Oya  編:Mao Oya

チルなサウンドを届ける音楽ラジオ「Tone by Gridge」とコラボレーションし、ビートメイカーのお部屋を紹介する企画「クリエイターの部屋」。今回はフィンランドをベースに活動しているLofi Hip Hopプロデューサー・Jokujekkuさんに、作業スペースからお部屋のお気に入りのスポット、愛用している機材までお伺いしました。

チルなサウンドを届ける音楽ラジオ「Tone by Gridge」とコラボレーションし、世界中で活躍しているビートメイカーのお部屋を紹介する企画「クリエイターの部屋」。あまり垣間見ることができないプライベートな空間を特別に覗かせていただき、日常の過ごし方を共有していただきます。

 今回はフィンランドをベースに活動しているLofi Hip Hopプロデューサー・Jokujekkuさんに、作業スペースからお部屋のお気に入りのスポット、愛用している機材や、その国ならではの場所まで、インスピレーションが溢れる生活について聞いてみました。

No.5 Jokujekku

Lofi Hip HopプロデューサーのJokujekkuです。年齢は28歳でフィンランドのヘルシンキに住んでいます。10年くらいビートとエレクトロニックミュージックの制作をしてます。この制作をする前はドラムをメインに演奏していましたが、サックス、ピアノ、トランペットも演奏していました。lofiの他にもハウス、テクノ、ガラージなど様々なジャンルをプロデュースしています。

Jokujekku:

私はフィンランドのヘルシンキに住んでいます。自分の街が大好きで、ほとんどずっとここに住んでいます。私の母はドイツ人で、何度かハンブルクに住んでいたこともあります。今年のヘルシンキの冬は積雪が多く、外を歩くととても美しい景色を楽しむ事ができます。雪が木々を覆い、すべてが穏やかな雰囲気に包まれています。

夏には、たくさんのフェスティバルやアンダーグラウンドな活動が行われ、街は活気に満ちます。また、ヘルシンキはヨーロッパで最も緑の多い都市の一つで、中心部のいたるところに公園があります。それと、港町なので海が近くにあるのもお気に入りです。

Room

Jokujekku:

昨年、パンデミックの影響で定職に就いていた仕事がなくなってしまったので、自分の家の家賃を払う余裕がなく、幸いにも両親がヘルシンキに住んでいたので、実家に引っ越しました。両親の家の地下室にスタジオスペースを作って、ほとんどの時間はそこで音楽の実験をしています。

私の小さなスタジオスペースの周りで制作するよりも良い場所はありません。音楽を聴いている、演奏している、プロデュースしているに関わらず、音楽に関して起こっていることが何でも満ち溢れてきたら、これほど幸せなことはないです。自分自身や日常を忘れることは、音楽が与えてくれる贈り物なんです。最近のピクサーの映画の『ソウルフル・ワールド』では、この気持ちがよく表現されていました。この映画を見ることを本当にお勧めします。

Jokujekku:

他のお気に入りの場所は、部屋ではないのですが、外に出て自然の中を歩くことです。外を歩いていると、音楽制作時と同じような感覚に陥ることがあります。フィンランドにはそれほど多くの人が住んでいないので、静かな場所を見つけるのは難しくありません。

Making Music

Jokujekku:

楽曲制作にはNative InstrumentsのMASCHINE STUDIOを10年ほど前から使っていて、ノウハウもよく知っているのでお気に入りです。マウスを使う時間が少なくて済むのも理由としてあります。私はドラムをやっていた時からジャズの音楽が背景にあって、ジャズ、ボサノバ、ブルースなどたくさん音楽を聴いてきたので、それをサンプリングするのが好きなんです。MASCHINE STUDIOはその作業をするのにとても最適です。またドラムを叩いて、曲のグルーヴ感やペース感を感じることも大事なので、正確なパッドを搭載したサンプラーは素晴らしい効果を発揮します。MASCHINE STUDIOの新しい機能としては、ベース・シンセがありますが、これもたまに制作で活用します。何かが足りないと感じた時は、他のツールを起動して必要なものを取り出しています。

あとElektron Analog Rytmも持っています。この機械にはアナログ回路が搭載されているのでこれを使ってサンプルを取ると音がすぐに良くなって、編集作業が少なくて済みます。

Jokujekku:

私が最近ワークスペースに追加したものは、高さを調整できる電動テーブルです。これでどれだけ背中が信じられないぐらい楽になりました。長時間の仕事でも、立ったり座ったりしながら作業をすることができます。制作中に本当に良いグルーヴ感が出てきたら、それに合わせて少し踊る事もできていいですね。

静かで豊かな自然の中で、音楽の制作をしているJokujekkuさんならではの過ごし方は、いかがでしたか?幸せを感じる瞬間を大切にすることは、とても重要なことですよね。

次回も世界中のビートメイカーのお部屋をご紹介するのでお楽しみに!

Tone by Gridge

世界中のビードメーカーからサブミット(提出)されるチルなサウンドを
24時間365日届けるYouTube上の音楽ラジオ「Tone by Gridge」。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Mao Oya

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる