Half time Old 『CRISP YELLOW』。不変であることの素晴らしさ

Review

文: 梶野有希 

Half time Oldの新作『CRISP YELLOW』をレビュー。

 昨年のアルバムリリース時のインタビューで、ボーカル鬼頭は「軸を曲げずにプラスアルファで新しいことに挑戦していきたい。」と語っていたが、本作はまさにその目標通りの作品となった。

 鬼頭大晴のリリックに楽器隊が敬意を持ちながら華を添えるという演奏スタイル、そしてロックバンドへの熱い気持ちと、どんなに暗いことを言おうが最後には希望を描くという音楽性。未曾有のウイルスにより世界全体が戸惑い、業界が怯えるような状況でもHalf time Oldの根底は不変的であり、凛としている。

 新たな試みという点で、「YELLOW」と作品名に色がつくのは彼らにとって異例だが、これには“色々な人に愛されるような爽やかな黄色”という意味が込められているそうだ。暗いライブハウスで長年想いをかき鳴らしていた彼らが陽光差す大きなフェスの野外ステージやテレビ出演を経験したからこそ、兼ねてから口にしている「もっと色々な人に愛されたい。」という願いがより強く反映されているのかもしれない。

 また、訴えかけるような強いメッセージ性が特徴だった過去作に比べると、今作は自粛期間に作られたこともあり、鬼頭のパーソナルがより色濃く映し出されている。彼のリリックは、欲しい時に適切な言葉をくれるような繊細な気持ちを掬い上げてくれるものばかりだが、それは同じ世の中を生きる彼が人並み以上に世界を敏感に観察している証だろう。

 幕開けの曲となる「my^2」は、メンバーとロックバンドへの愛が綴られた純粋なラヴソング。ライブも出来ず、新作リリースも思うようにいかない、賑わっていた音楽業界に突如静寂が訪れ、アーティストだけではなく、リスナーも気が滅入ったであろうコロナ禍のなかで、ロックがどれだけ救いだったのか、そんな無垢な気持ちをまっすぐ投じている。本曲でライブハウスのあの熱狂と感動を思い出した人はどのくらいいるだろうか。

 また同じく「2020」も冒頭のリリック<やりたいことをやりたいようにやれる時がくるよ>という通り、理不尽な状況を彼ららしく前向きに描いている。それと同時にベース内田のルーツであるブラックミュージックの要素を感じるアダルトな表情が楽しめる新しい曲だ。

 「ツキノトモ」や「Over Eat」などでは楽器隊のバランスがさらに整えられ、バッグサウンドがよりクリアに聴こえるようになった。とりわけ各々の見せ場を尊重するかのようなベースとギターの掛け合いは前作以上だ。そして整えられたサウンドの透明度をさらに底上げするかのような洗練されたドラムの音は謙虚だが、どっしりとした存在感がある。

 本作リリースまでの間に彼らの身の周りには、大きなステージやテレビ番組への出演といったバンドの成長から世界情勢まで、価値観や音楽との向き合い方を変えてしまうような要素はたくさんあった。しかし、そういった多大な影響力のある出来事が幾つ彼らに起きようが、Half time Oldはロックへむけた等身大のラブソングをずっと描いている。どれだけスキルアップしようが、豊かな経験を積もうが、長年抱えるロックへの想いと鬼頭がみる現実と思考が綴られたリリックを個性を持ちながら尊重するというバンドの軸だけはブレない。本作はそういう確固たる不変の証明だ。

 混沌とした理不尽な現実に揺らがない光を、この先も。

 

梶野有希

Half time Old 『CRISP YELLOW』

01.my^2
02.OverEats
03.2020
04.達磨
05.雛の歌
06.ツキノトモ
07. あまのじゃく

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

梶野有希

97年生まれ。ライブハウスとインディーズロックが大好きです。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる