四丁目のアンナが打ち出す、超トーキョー系

bigup

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回は四丁目のアンナをご紹介します。

センスを細部に宿して

“日本らしさ”とはなんだろうか。歌舞伎や能などの伝統芸能に立ち返ることなのか、はたまた渋谷のような都会っぽさなのか。そんなことを考えていると、四丁目のアンナが超トーキョー系バンドと謳っているのは大正解な気がしてくる。いろいろなカルチャーが入り乱れ、定まらないヘンテコさこそ“日本っぽさ”の正体ではないかと思うからだ。

彼らは2016年春に結成された、5人組のオルタナティブポップバンド。グルーヴィーな楽器隊とクセのあるボーカルを強みに、エキセントリックな世界観を作り出してきた。
刺激的なサウンドには海外の流行を踏襲した新しさよりも、懐かしい90年代J-POPが香る。オーソドックスな“バンド”という編成のなかで、日本語を大切にし、細かなニュアンスやリフで遊ぶ。座布団を広げすぎることなく、堅実に取り入れ昇華していく姿勢こそ、彼らの美学なのではないだろうか。

先日配信が開始された「memories」は、秋の夜長に添えたいノスタルジーなナンバー。感情をなでる艶っぽいボーカル、日常を遠巻きに眺めるようなリリック、どこか浮遊感を感じさせるサウンドが魅力的な1曲だ。

四丁目のアンナ

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる