日本/海外の境界を越えて、最前線で音楽を鳴らすために【Archive】| the future magazine

the future magazine

文: Hiroyoshi Tomite  写:Toshiaki Kitaoka 

今、ロンドンを拠点に世界で骨太な音を鳴らすDYGL。そして惜しくも活動休止となってしまったYkiki Beatの首謀者である秋山君。そして彼の友人であり、写真家と文章活動で活躍している菊池佑樹のインタビューはそんな日を夢見る2014年の10月頃行われた。ハロウィンブームで街が浮かれるなかで、彼らは『自分たち自身であろうとしましたね』と語っていたのがやけに印象に残っている。彼らはこのときに人生の答えを手にしていたのだ。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Hiroyoshi Tomite

PHOTOGRAPHER

Toshiaki Kitaoka

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

甘美な誘惑。TAWINGSが奏でる仄暗いポップの裏側 | Newave Japan #49

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

甘美な誘惑。TAWINGSが奏でる仄暗いポップの裏側 | Newave Japan #49

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

秋山 信樹(Ykiki Beat/DYGL)
Ykiki Beat/DYGLヴォーカル&ギター。今注目が集まる Ykiki Beat、DYGL という2つのバンドに所属。ソングライティング、 アートワークデザイン、マネージメント、と総合的に動かしている。 2バンドともに、現在アルバム制作に向けて準備中。

菊地佑樹
ライター、フォトグラファー、デザイナー、DYGLマネージャー。 いろんなジャンルにチャレンジ中。昨年発表したZINE『BOYS AND GIRLS CLUB』は現在もカリフォルニアのレコードレーベル、 バーガーレコーズとロリポップレコーズで販売中。AMPでインタ ビューと写真のコラムを昨年末からスタート。

※掲載当時のプロフィール文を流用
閉じる