天使のはしごのように照らす、synkerのサウンド

bigup

文: BIG UP! 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はsynkerをご紹介します。

温かく包みこんで

ゆるしの音楽だと思った。芳醇なサウンドは両手を広げ、ダメな自分をすべて包み込んでくれる。彼らの名前はsynker、日本人と台湾人からなるシューゲイザーバンドだ。

2019年に東京で結成、2020年2月には1stE.Pをリリースし、大変な状況のなか制作とライブを重ねてきた。
synkerの魅力は、柔らかなシューゲイザーサウンドだ。雲にぽっかりと空いた穴から降り注ぐ太陽のように音像は温かく、男女のツインボーカルがより抒情的に作品を彩る。聴いているうちに内側からじんわりと温まってくるようなパワーが、彼らの音楽には宿っているのである。

先日配信が開始された『common insanity』は、2nd E.Pとなる1枚。体温のある音作りはそのままに、よりポップでメロディアスな仕上がりになっている。よりどころのない思いを抱えたときに、支えてくれる作品になるのではないだろうか。

synker

提供:BIG UP!zine

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

BIG UP!

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる