関取花『新しい花』。作り手の充実を感じる、溌剌としたメジャー1stフルアルバム

Review
関取花のメジャー1stフルアルバム、『新しい花』をレビュー。

 作り手の屈託のない笑顔が見える。朝このアルバムを聴くだけで、今日が良い日に変わる気がする。メジャーに移ってからはサウンドがくっきりとしていった印象で、素直なライティングでポップスに挑んでいるように感じる。前向きな言葉に迷いはなく、チアフルなバンドサウンドに乗って、彼女の伸びやかな声はどこまでも飛んでいきそうだ。今作の関取花はこれまでになく軽快で、それでいて力強い。

 彼女は自身のブログにて、「『私は私のままでいい、あなたはあなたのままでいい』というコンセプトを先に決めていた。これほど明確に伝えたいメッセージがあったのは初めて」と説明している。そうした意識が清々しいサウンドと、<あなたがあなたを愛せるような/明日は必ずやってくる>と歌う、「美しいひと」のような楽曲に繋がっていったのだろう。

 インディーズまでの音楽を大雑把に言い切ってしまうなら、卑屈な自分をどうポジティブに転換させるか、というのが彼女の音楽だったと思う。すなわち、その歌の背後にあるのは悲観である。そんな自分をいかに笑い飛ばし、日常をどう豊かにしていくのか、というのが関取花の歌だった。キャリア最高の名曲「もしも僕に」で歌われているように、隣の芝生は青く見えて仕方がないのである。

 つまり、「肯定する」という前向きさは、ずっと彼女の原動力としてあったものだと思う。その上で、眼差しが他者へと向いてきたのが今作の変化なのだろう。そうした気持ちのあり方は、彼女が書く言葉はもちろん、溌剌としたサウンドに表れている。メジャーデビュー以降の数作で、亀田誠治やトオミヨウ、野村陽一郎といった、日本のポップシーンの前線で活躍するプロデューサーと仕事をした経験も大きいのだろう。上記の面々が担当した楽曲はもちろん(本作では「太陽の君に」を亀田誠治、「今をください」をトオミヨウ、「逃避行」と「スローモーション」を野村陽一郎がプロデュース)、関取花自身がアレンジを担当したその他の楽曲も、総じて音の輪郭は明瞭で、作品を通して広がりを感じさせるアレンジになっている。ライブや制作を共にしてきたプレイヤー陣との信頼関係も大きいはずで、幅広い層のリスナーへと向かっていくような開けたサウンドが印象的だ。

 表題曲や既発曲の「太陽の君に」をはじめ、「恋の穴」、「女の子はそうやって」、「スローモーション」と、いつにも増して佳曲の多いアルバムである。中でも惹かれるのが「はなればなれ」で、歌の主人公は別々の道を行く友人(と私は解釈しているが、恋人かもしれない)との別れに、寂寞の念を感じている。が、背中を押すように刻まれるBPM150ほどの力強いバスドラと、健やかな未来を予感させるフルートやチェロの音色からは、新しい場所へと進んでいく者への行け!というエールを感じずにはいられない。

 「美しいひと」のようなストレートな歌詞も素敵だが、情景の浮かぶ歌詞の中に、言外のメッセージを込めるところに彼女の作家性があると思う。また、『ただの思い出にならないように』の「彗星」がそうであるように、実はテンポの速い曲を書くことに長けている作家である。はやる気持ちを描くことが上手いというか、思わず駆け出してしまうような楽曲も彼女の魅力のひとつである。

 昨年上梓したエッセイ集『どすこいな日々』や、多数のテレビ出演をはじめ、老若男女を楽しませる彼女のユーモアは、音楽の枠を越えて波及していっている。そうした様々な仕事の中で良い循環が生まれているのだろう。デビューから10年が経ち、まさしく充実の時を迎えているように思う。

 さて、そうした気持ちの良いアルバムに対し、最後に身も蓋もない事を言っておくと、それでも人生はそんなに楽ではないと思う。昨日がどんなにダメな1日でも、明日は素敵な瞬間が待っているかもしれない。だが、同時に今日がどんなに最良の1日でも、少し先にはどん底の未来が待っているかもしれないのだ。長い人生、きっとまた隣の芝生が青く見える日は来るだろう。でも、そんな時のためにこの歌はあるように思う。「あなたはあなたのままでいい」といういうことは、つまり「あなたのことを認める」ということであり、ここで言う「あなた」とは、これから困難にぶつかるかもしれないあなたのことだから。目一杯、人生を愛でるための1枚である。

黒田隆太朗

関取花『新しい花』

2021.03.03 Release

【CDのみ通常盤】
UMCK-1681
¥3,300

【初回生産限定盤BOX仕様】
UMCK-7091
¥4,180

1.新しい花
2.はなればなれ
3.恋の穴
4.ふたりのサンセット
5.あなたがいるから
6.逃避行
7.太陽の君に
8.まるで喜劇
9.女の子はそうやって
10.今をください
11.スローモーション
12.美しいひと
13.私の葬式(バンドver.)

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

1990年生まれ 神奈川県横浜市出身
愛嬌たっぷりの人柄と伸びやかな声、そして心に響く楽曲を武器に歌い続けるソロアーティスト。
NHK「みんなのうた」への楽曲書き下ろしやフジロック等の多くの夏フェスへの出演、ホールワンマンライブの成功を経て、2019年ユニバーサルシグマよりメジャーデビュー。2020年初の書籍「どすこいな日々」発売。
2021年3月にはメジャー初のフルアルバム「新しい花」を発売。

<バイオグラフィ>
2010年「閃光ライオット2009」にて審査員特別賞を受賞
2012年『むすめ』が神戸女子大学のTVCMソングに起用され、以降3年間同校のTVCMソングを担当
2014年 米映画「ショート・ターム」のイメージソング『dawn』を書き下ろす
2016年3月 奥田民生らのバンド“サンフジンズ“のツーマン企画「問診過注射2016 vol.1」に出演
    11月 赤城乳業「イベールアイスデザート」TVCM出演とCM曲歌唱を担当
2017年3月『もしも僕に』が「リポビタンD」WEBCMに起用され、CMには本人も出演
    5月『君の住む街』が女優「のん」出演のネッツトヨタ広島50周年CM曲に起用される
    6月 全国信用金庫協会WEBCMに『しんきんガール』を書き下ろす
    8月 WORLD HAPPINESS 2017出演
    10月 DJみそしるとMCごはん「おにぎりはお守り r.t.m.関取花」共作
    12月カサリンチュ「伝えに行くの」歌詞提供
2018年4月 ARABAKI ROCK FESTIVAL出演
    4~7月 書き下ろし曲、NHKみんなのうた『親知らず』が放送
  6月『オールライト』がネッツトヨタ広島CM曲に起用される
    7月 FUJI ROCK FESTIVAL出演
     FM yokohama「wacci橋口洋平のドア開けてます」パーソナリティ代打出演
    8月 RISING SUN ROCK FESTIVAL出演。ホールワンマンを含む全国ツアーを全箇所チケットソールドアウトで終える
    12月 DOTAMA『インターステラー feat.関取花』に参加
2019年2月 花澤香菜『おしえて』詞曲提供
2〜3月 『親知らず』がNHKみんなのうたにて昨年とても大きな反響があったということで異例の再放送となる
    4月 神奈川新聞にてエッセイ連載開始
    5月 ミニアルバム「逆上がりの向こうがわ」でメジャーデビュー
      水野良樹さんのHIROBAにてエッセイ連載開始
    6月 TBSラジオにて関取花特番「どずこいちゃんこラジオ」O.A.
      全国ツアー「梅雨だくツアー」実施
7月 J-WAVE「GOOD NEIGHBORS」パーソナリティ代打出演
10月 広島FM「DAYS」パーソナリティ代打出演
   TOKYO FM「TRAD」パーソナリティ代打出演
12月 FM OH!「LOVE FLAP」パーソナリティ代打出演
      TBSラジオにて関取花特番「どずこい散歩ラジオ」O.A.
2020年1月 TOKYO FM 新番組「ねるまえのまえ」レギュラーパーソナリティを担当
    3月ミニアルバム「きっと私を待っている」発売
    9月配信シングル「今をください」(FODドラマ「アンサング・シンデレラ ANOTHR STORY 〜新⼈薬剤師 相原くるみ〜」主題歌)リリース
    11月配信シングル「あなたがいるから」(映画「感謝離 ずっと一緒に」主題歌)リリース
初の書籍「どすこいな日々」(晶文社)発売
    12月配信ライブ「年末だョ!全員集合」実施
2021年 3月 メジャー1stフルアルバム「新しい花」発売
閉じる