幽体コミュニケーションズが魅せる、レイヤードの美しさ

bigup

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ!今回は幽体コミュニケーションズをご紹介します。

コラージュが煌めく

いろんな文脈やジャンルを掛け合わせた音楽というのは「AとBで作られましたよ」主張するものになりがちだ。しかし、幽体コミュニケーションズの紡ぎだす楽曲は、一味違う。ひとつの曲を覗きこむと、さまざまな要素が幾重にも重なってみえるのだ。

バンドの核をなしているのは、作詞・作曲を手掛けるpaya。中学生の頃、吹奏楽部へ入ったのをきっかけに音楽の道へ傾倒、クラシックやジャズ、ヒップホップといったジャンルを通り、現代の音楽性へたどり着いた。
いうならば、そんな彼の頭で鳴っている音を少しだけ聴かせてもらっているのが、幽体コミュニケーションズの音楽なのかもしれない。クラシックで培った丁寧なハーモニーや旋律移動の面白さやヒップホップ的なサンプリングを用いたコラージュは、心地よい按配でそれぞれをより魅力的に聴かせている。

先日配信が開始された「ユ」は、落語家である立川吉笑の真打昇進をかけた公演に際し書き下ろされた作品。堅苦しい雰囲気を打ち壊すポップソングは耳に楽しく、リリックを反芻した噛みしめたいものに仕上がった。

幽体コミュニケーションズ

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

TAG;

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる