誰も手を付けてない余白に価値がある。『BLANKMAG』が続けるゲリラ的匿名活動の背景

文: Hiroyoshi Tomite 

9月1日にパラダイム・シフトをテーマに開催される『PARA-』。コンテンツエリアのアイテムを買い付けを担当したのはストリート的な文脈でNY・日本・アジアのアーティスト達とのコラボアイテム販売やポップアップなどカッティング・エッジな活動を続ける『BLANKMAG』だ。これまで語られてこなかった神出鬼没なコレクティブのヒストリーとルーツに迫った。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Hiroyoshi Tomite

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

華麗なる才能ermhoi。幼少から今に至るまでキャリアを語り尽くす | Newave Japan #48

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

華麗なる才能ermhoi。幼少から今に至るまでキャリアを語り尽くす | Newave Japan #48

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

国内外、カルチャーの垣根を掻き分けてストリート・アートシーンを追い続けるレーベル。その膨大な知識とコレクションは他の追随を許さない。突き抜けたコレクションを軸とした展示やゲリラ的なポップアップショップ、台湾ストリートカルチャーを紹介するプロジェクト等、他とは一線を画す動きで話題を集めている。
閉じる