RIRI、KEIJU、Julia Wu(台湾)出演「PARA-」一般発売が開始

2019年9月1日(日)に南青山のSHAREGREENで開催されるMusic&Culture Event「PARA-」の一般チケット販売が開始された。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

etoo

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

RELATED ARTICLE

関連記事

パラダイムシフトをテーマに数々の才能が結集したMusic&Culture Event<PARA->フォトレポート

9月1日(日)に開催されたMusic&Culture Event<PARA->。楽園をテーマに据えた前回の評判もあってソールドアウトとなった同イベントのフォトレポートが到着。

「人と街に根付いた変わらないモノを撮りたい」Cho Ongoという写真家について

ストリートのリアルを捉える写真家、Cho Ongo。彼の写真の持ち味は、目で見えるものをそのまま飾らずに映し出すことだ。またPARA-にも台湾カルチャーの情報を提供してくれたように“台湾”と“東京”をつなぐキュレーター的な側面も見受けられる。彼の親密さの正体とは。ルーツを紐解いてみた。

カルチャーレーベル『BLANKMAG』が<PARA->に出店決定。台湾ストリートブランドアイテムを販売

2019年9月1日(日)にRIRI、KEIJU、そして台湾からJulia Wuを迎え、SHAREGREEN MINAMI AOYAMAで開催されるMusic&Cultureイベント<PARA->にカルチャーレーベル『BLANKMAG』の出店が決定した。

ジャンルに囚われず歌い続けたから今の私がある-Julia Wuインタビュー

幼少の頃からクラシックピアノを嗜んでいた少女は、アメリカはボストンにあるバークリー音楽大学に進学。しかし彼女はクラシックの道ではなく、一念発起し、オーストラリアのオーディション番組に出演したことを機に、シンガーとして台湾デビューするチャンスを獲得した。謙虚にもラッキーガールと自称するJulia Wuがチャンスを掴んできた背景とは。一体どんなパーソナリティを持っているのか。来日を前にインタビューを試みた。

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

閉じる