迫力満点の花火が彩るエンターテイメント空間<STAR ISLAND 2019>レポート

夏の遊び場特集

文: 久野麻衣 

2019年7月20日(土)、TOKYO STAR ISLAND(東京・豊洲ぐるり公園)にて開催された<STAR ISLAND 2019>。迫力の花火とパフォーマンスで会場を魅了したイベントの模様をレポート。

2019年7月20日(土)、TOKYO STAR ISLAND(東京・豊洲ぐるり公園)にて開催された<STAR ISLAND 2019>。

「伝統花火」と「最先端テクノロジー」である“3Dサウンド”、“ライティング”、“レーザー”と「ショーパフォーマンス」が完全シンクロし、訪れた人々の五感を刺激して感動体験を提供する“感覚拡張型エンターテインメント”として年々注目が集まっている同イベントは3回目となる今年15,000人が来場しました。

今回はお台場から豊洲へと会場を移しての開催となりましたが、東京湾内、豊洲沖で花火が打ちあがるのはこれが史上初めてのこと。客席から花火までの距離がこれまでの900mから200mへと縮まったこともあり、視界を埋めるほどの色とりどりの花火は圧巻。会場中が釘付けとなりました。

花火と共に展開されるパフォーマンスの今年のテーマは“2019: A SPACE ODYSSEY”。開催日となる7月20日が奇しくも50年前に人類未開の地・月に初めて降り立った記念すべき日であったことから設定されており、近未来を感じさせる衣装や演出、さらには会場中に設置されたスピーカーから繰り広げられる3Dサウンドと合わせて、その世界観を見事に表現していました。

来場者は友人やカップルと浴衣で参加する方やファミリーで参加される方など様々で、各種シートはどこも完売となっていたよう。食事をしながら楽しむ「LIMITED STAR SEAT -DINNER-」や、新設されたBBQが楽しめる 「LIMITED STAR SEAT -BBQ-」など、バライティに富んだシートも魅力的でした。

さらにはこれまで以上に豊富になったフード&ドリンクのブースやトラックなど、“食”というアクティビティの充実やLicaxxx、Naoki Serizawa、SHINICHI OSAWA (MONDO GROSSO)といった人気アーティストのDJプレイもあり、明るい時間帯から多くの人が来場し、会場内を楽しんでいるようでした。

様々なクリエイティヴ要素を合わせて、花火の新しい楽しみ方を提案してくれた<STAR ISLAND>。2018年末にはシンガポールにて初の海外進出を果たし、今秋にはサウジアラビアでの開催を控えています。きっと今後も世界中の人々に新しい体験を届けてくれるのではないでしょうか。

STAR ISLAND 2019

【開催日程】2019年7月20日(土) ※雨天決行・荒天中止
【開催場所】TOKYO STAR ISLAND(豊洲ぐるり公園 / 東京都江東区豊洲6丁目5番先)
【開催時間】開場/16:00 開演/19:30 閉場/21:00 ※当日の演出によって時間が変動する場合があります。
【公式URL】 http://www.star-island.jp/

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる