「敗北宣言」をした自分にしかできないこと【Archive】|the future magazine

2015年にフレンズを結成し、今や押しも押されもせぬ地位を得た関口塁。しかし当時彼は葛藤し、道に迷っていたのを覚えている。彼はインタビュー内で「自分にはカリスマ性はない」「ユースカルチャーの軸に離れない」と話していた。そんな現状認識を持ったからこそ、彼はフレンズー文字通り友達たちと一緒にーというバンドを組み、来年1月にはNHKホールでのライブが決まっている。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

日本/海外の境界を越えて、最前線で音楽を鳴らすために【Archive】| the future magazine

「信じられない未来はやってくる」と、スペインの少女が語る理由【Archive】|the future magazine

栁 俊太郎/東京のプリンスたち01 〜Behind the scene〜【Archive】|the future magazine

To the Paraiso. 〜Yogee New Waves角舘健悟が描く楽園はどこにある〜【Archive】|the future magazine

「よく分からない人で終わりたくない」 綿めぐみに芽生えた表現者としての自覚【Archive】|the future magazine

ANANがPAELLASにおける自分の役割を理解しつつあると語る理由【Archive】|the future magazine

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

Hiroyoshi Tomite

PHOTOGRAPHER

goto michito

AUTHOR

Photographer

goto michito

Writer

Hiroyoshi Tomite

RELATED ARTICLE

関連記事

This is what I can do who has made a defeat declaration【Archive】|the future magazine

formed a band called Friends and Rui took on a good position. But he still remembers that he was feeling very conflicted and got lost his own way. In the interview, he said"I do not have charisma", "I will not leave the axis of youth culture". Because of having such awareness of the present situation, he formed a band Friends with his friends literally and they will have a concert at NHK Hall in January next year.

「よく分からない人で終わりたくない」 綿めぐみに芽生えた表現者としての自覚【Archive】|the future magazine

プロデュースにTOKYO RECORDINGSが主宰を務める小袋成彬。その彼の語り部として機能していた綿めぐみという存在について。以来音楽活動を中止した彼女の貴重なインタビューとなった。

Two Girls from Spain Explain Why “An Unreal Future is Coming”【Archive】|the future magazine

We are interested in Spanish rock band MOURN's movie that they play emotionally and attempted to interview them on Skype. They are still based in Barcelona and completed the 3rd album "Sorpresa Familia" this year. They have not come to Japan yet, but they show us the state of activities with a smile on SNS. We are looking forward to talking to them directly next time.

「信じられない未来はやってくる」と、スペインの少女が語る理由【Archive】|the future magazine

10代で直情的な音楽を奏でる彼女たちの動画を見て気に入り、スカイプインタビューをしたスペインのガレージバンドMOURNたち。今彼女たちは変わらずバルセロナを拠点に活動し、今年3rdアルバム『Sorpresa Familia』を完成させた。彼らは未だ来日はないが、いつも笑顔はじける活動の様子をSNSで見せてくれている。今度は差し向かいで話せる日を心待ちにしたいと思っている。

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
関口 塁
元The Mirrazドラム。1988年 長野生まれ。19歳の頃から約6年 間にわたり The Mirraz のメンバーとして活動。持病の腰痛を 理由 に 2013年6月 脱退。現在株式会社 スタンダードワークスに てライブの企画・運営などを行なう。2014年 11月より自主企画 GOOD VIBRATIONS を始動させている。

※掲載当時のプロフィール文を流用。
閉じる