「敗北宣言」をした自分にしかできないこと【Archive】|the future magazine

the future magazine

文: Hiroyoshi Tomite  写:goto michito 

2015年にフレンズを結成し、今や押しも押されもせぬ地位を得た関口塁。しかし当時彼は葛藤し、道に迷っていたのを覚えている。彼はインタビュー内で「自分にはカリスマ性はない」「ユースカルチャーの軸に離れない」と話していた。そんな現状認識を持ったからこそ、彼はフレンズー文字通り友達たちと一緒にーというバンドを組み、来年1月にはNHKホールでのライブが決まっている。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Hiroyoshi Tomite

PHOTOGRAPHER

goto michito

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

姫路から世界へ。ボーダーを超えていくShurkn Papの価値観とは | Newave Japan #50

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

姫路から世界へ。ボーダーを超えていくShurkn Papの価値観とは | Newave Japan #50

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

関口 塁
元The Mirrazドラム。1988年 長野生まれ。19歳の頃から約6年 間にわたり The Mirraz のメンバーとして活動。持病の腰痛を 理由 に 2013年6月 脱退。現在株式会社 スタンダードワークスに てライブの企画・運営などを行なう。2014年 11月より自主企画 GOOD VIBRATIONS を始動させている。

※掲載当時のプロフィール文を流用。
閉じる