進化を謳ったLeadの新作『SINGULARITY』。その奥にある飽くなき挑戦心を語る

Topics

文: 黒田 隆太朗  写:山口こすも 

Leadが9作目のフルアルバム、『SINGULARITY』をリリース。自身らの進化を謳った新作を通し、3人の矜持に迫る。

「これまでの自分達を超える」というテーマで制作された、9枚目のアルバム『SINGULARUTY』。彼ららしいアグレッシブな楽曲で始まるが、徐々にゆったりと揺れるようなトラック群へとシフトし、中盤にはバラードを差し込みながら、終盤には再びフロアライクな楽曲へと流れていく。様々な情景を巡るようなアルバムである。それはつまり、バラエティ豊かな楽曲を歌いこなせる彼らの地力の高さの表れであり、彼らの可能性が存分に発揮された作品であるとも言えるだろう。まさに「SINGULARITY」(特異点)というタイトル通り、進化を感じる一作である。

過去の自分達を超えるという意志の裏には、「まだまだ満足していない」という思いがあるという。20年近いキャリアを持ちながら、向上心を失わずに挑戦を続ける3人に新作について語ってもらった。

過去の自分達を超える

ー「SINGULARITY」(特異点)というタイトルを付けた理由から聞かせていただけますか。

インタビュイー画像

鍵本輝:

今回はアルバムのテーマとして、最初に「ブレイクスルー」という言葉があって。これまでの自分達を超えていこう、突破して行こうという気持ちで楽曲を作っていました。そこである程度曲が出揃ってきたところで、何か一言でポンと言える言葉はないかなと探していたところに、「SINGULARITY」という言葉が出てきて、今回のタイトルにしました。

ーこれまでの自分達を超えようと思った時、まず何を変化させようと思いましたか。

インタビュイー画像

鍵本輝:

楽曲制作の取り組み方として、もっと踏み込んでもいいのかなと思って。今までは作詞家さんについてはお任せだったんですけど、この作品に関しては、僕らがお願いしたい人にオファーした曲がいくつか入っています。

ーたとえば?

インタビュイー画像

鍵本輝:

「Milk Tea」や「シンギュラリティ」がそうですね。「シンギュラリティ」は以前「Be the NAKED」を書いていただいた佐伯さんに、「自分達を超えていこうというテーマで、『SINGULARITY』という言葉を使ってアルバムの信念になるような歌詞を書いてほしい」とお願いしたところ、「良いテーマをありがとう」って言ってくださって(笑)。この歌詞が上がってきました。

ー出来上がってみて、どんな感触を持っていますか。

インタビュイー画像

谷内伸也:

バラエティに富んだ、緩急のあるアルバムになったと思います。ただ、同時にセクション毎のまとまりもあるので、しっかりと軸を持ちながらいろんな表情を見せていく、Leadの変幻自在な可能性を感じてもらえるアルバムになったのかなと。これを聴いて「ライブではどんなパフォーマンスをするんだろう」って、ワクワクしてもらえる1枚になっているんじゃないかなと感じています。
インタビュイー画像

古屋敬多:

僕は”聴くタイプのライブ”になるアルバムになったかなと思っています。ライブのセットリストを考えるように曲順を決めていったんですけど、中盤の「Milk Tea」や「Just Love You ~青春白書~」はまさにそういう曲で。ライブで緩急になるような曲だと思いますし、流れで楽しめる1枚ですね。

ー鍵本さんはいかがですか。

インタビュイー画像

鍵本輝:

「SINGULARITY」と掲げてますが、完成を聴いてみて、自分でも超えたなと思いました。このアルバムがベストの1枚っていうのは間違いないんですけど、出来上がったものを聴いた時、もうちょっとできたとか、もっと歌えたなって思えたんですよね。完成したものを聴いてそう思えたということは、これを作っていた時の自分を越えたんだろうなと思いました。

ーきっと今作に限らず、前作を上回ろうという気概は毎回持って創作に臨んでいるとは思いますが、今回特にそういうモチベーションが生まれていたのでしょうか。

インタビュイー画像

鍵本輝:

18年活動していくと安定していくところもあるのかなって思っていたんですけど、そうじゃないんですよね。まだまだ自分達の伸びしろに期待してほしいし、もっともっとLeadの楽曲に触れてほしいと強く思っていて、そしたら自然とそういう気持ちに辿り着くんですよね。
インタビュイー画像

谷内伸也:

常に楽しくて、新しいことをLeadとしてやっていきたいんですよね。僕らは付き合いが長いから、どうやったら良いケミストリーが起こるのかもわかってるんですけど、時にはその枠から飛び出して刺激を受けるのも大事だと思うので。敬多や輝なら舞台の仕事もあるし、それぞれの経験をLeadに還元して、また新たなものを生み出していくっていう事は常に続けていきたいですね。

ー新しい挑戦を続ける先に、シーンの中でどういう存在になりたいというビジョンはありますか?

インタビュイー画像

鍵本輝:

僕はあんまりないかもしれないです。今自分達がやってること、信じてること、それを貫いていくことの延長としてあるものかなって思います。

ー貫く信念っていうのは?

インタビュイー画像

鍵本輝:

ただ歌わされているわけでも、ただ踊らされているわけでもない、生きた音楽を自分達の力でやっていきたいという想いですね。
次ページ:まだ可能性は沢山ある

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

山口こすも

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

Leadは、谷内伸也、古屋敬多、鍵本輝からなるダンスボーカルユニット。
終始踊り続ける持久力とキレのあるダンスが魅力の実力派グループ。

大阪のダンススクールで中土居宏宜・谷内伸也・鍵本輝の3名が出会い、路上ライブを開始。その後、現在の所属事務所主催のオーディションで選ばれた福岡県出身の古屋敬多が加わり、4名でLeadを結成する。大阪のストリートパフォーマンスのメッカであった大阪城公園内・通称「城天」では、最高7,000人の動員を記録。話題騒然の中、2002年7月31日に平均年齢14.5歳の若さで、シングル「真夏のMagic」でデビュー。
2013年3月をもって、デビュー以来11年間に渡ってリーダーを務めた中土居が卒業。2013年4月よりオリジナルメンバー3名でLead第2章のスタートを切った。
2014年以降はメンバー自身が楽曲制作により深く携わるようになり、それぞれが作詞・作曲を手掛けた楽曲も数多い。2019年11月現在までに、計31枚のシングル、8枚のオリジナルアルバムをリリース。

Leadの真骨頂といえばライブパフォーマンス。
2004年より毎年ライブツアーを開催しており、連続記録を更新中。
舞台やミュージカル出演など個々の活動もめざましく、そこで得た演劇の要素をメンバー自らプロデュースするLeadのステージにも盛り込むなど、終始歌い踊り続けるだけではないステージパフォーマンスは年々進化を遂げている。高い身体能力を活かし、アクロバットを取り入れたダンスパフォーマンスにも定評がある。
閉じる