【今週のプレイリスト】In The House : tofubeats 、WORKS:Micheal Kaneko 、Brit Awards 2018: The Winnersなど5つをピックアップ

Playlist

文: 斎藤加織 

DIGLE編集部が今週のおすすめをピックアップするWEEKDAY PICK UP PLAYLIST。今週はTOKYO HEALTH CLUB PLAYLIST、In The House : tofubeats 、WORKS:Micheal Kaneko 、Brit Awards 2018: The Winners、Relaxing Songsをご紹介。

DIGLE MAGAZINE編集部の注目ピックアップ・プレイリスト5選

TOKYO HEALTH CLUB PLAYLIST

多摩美術大学の同級生で結成された 3MC 1DJのHIP HOPグループで音楽活動に限らず、2016年ファッションブランドWEGOとのコラボ企画『WE GOOD TOKYO』が始動するなど多岐にわたる活動で様々な方面から注目を浴びているTOKYO HEALTH CLUBがオフィシャルプレイリストを公開中。現在のテーマは『THCの好きな女性ボーカルソング』。CHAI「ほれちゃった」やiri「半疑じゃない」など今年注目しておきたい話題の女性アーティストからUA「甘い運命」宇多田ヒカル「time will tell」などのベテランまで幅広く登録されています。

In The House : tofubeats

日本のダンスミュージック・シーンを代表するDJやトラックメーカーが選曲するスペシャル・プレイリストシリーズに1990年生まれのプロデューサーのtofubeatsが登場。 「In The House: tofubeats」では最近フロアで掛けてる楽曲をお届け。tofubeatsが2018年第一弾としてリリースしたばかりの土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』主題歌「ふめつのこころ」のほかMosTack「I Like It」WSTRN「Ben’Ova」など海外アーティストの楽曲を中心に登録されています。

WORKS:Micheal Kaneko

Spotifyを通じて一躍有名になり、<FUJI ROCK FESTIVAL><SUMMER SONIC>の大型フェスへの出演、数々のアーティストへの楽曲提供、フィーチャリング参加など活躍の目覚ましいMichael Kanekoがプロデュース、作詞、作曲などを担当した楽曲をプレイリストにまとめて公開中。海外で圧倒的な再生回数を誇るAmPmの人気曲「Best Part Of Us」や現在テレビへの出演も増え人気急上昇中のあいみょんから「RING DING」などが登録されています。

Brit Awards 2018: The Winners

2月21日、イギリスが誇る最大の音楽賞<ブリット・アワード>の授賞式が行われ、各賞を受賞したアーティストによるプレイリストが公開されました。イギリス出身のラッパー、 ストームジーが「最優秀ブリティッシュ・アルバム賞」と「最優秀ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト賞」を受賞、最多6部門でノミネートされていたデュア・リパも「最優秀ブリティッシュ・ブレイクスルー・アクト賞」と「最優秀ブリティッシュ女性ソロ・アーティスト賞」を受賞し、それぞれ2冠を達成と若いイギリスのアーティストが注目を集める結果となりました。

Relaxing Songs

米・音楽メディアのPigeons & Planesがセレクトしたリラックス用のプレイリストマウント・キンビー「Fall Out」フランク・オーシャン「Seigfried」Bibio「PHANTOM BRICKWORKS」など、インストゥルメンタルを中心に何も考えずにぼーっとできるような楽曲がセレクトされています。ヒットチャートを賑わすような楽曲もいいですが、時には日々の疲れや不安といったストレスを音楽で癒やしてみてはいかがでしょうか。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

斎藤加織

ライター。音楽と映画と食べることが好き。音楽記事を書いたり、イベントスタッフをしたり色々しています。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる