SESAMEのHIYOKOが選ぶ今年のベストソング『2018年を振り返る』Peace、Slavesなど | プレイリスト連載1/3

Playlist

文: Asahi 

アーティストが選出した2018年のベストソングをコメントと共に紹介するプレイリスト連載企画。SESAMEのHIYOKO a.k.a. CHICK BOYによる『2018年を振り返る』を全3回に渡ってお届けしていきます。

SESAMEのHIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクト『2018年を振り返る』

Kindness Is The New Rock And Roll / Peace


インタビュイー画像

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:

5月に自分達の1stシングルをリリースし、次の作品に向けてPeaceのこれまでの作品を聴き直していました。そのタイミングでリリースされた新作、『Kindness Is The New Rock And Roll』。このタイトルを見た時、ゾクッとして少し緊張しながら2曲目、アルバムタイトルでもあるこの曲から聴いてしまいました。本当に心に刺さった音楽でした。

NA NA LAND / SESAME


インタビュイー画像

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:

自分のバンドの曲から。2017年の9月頃、1番初めに作った曲で、今年の4月にリリースしました。マッドチェスターのサイケデリックダンスビートとブリットポップの陽気さを上手くMIX出来た理想的な曲です。

Cut And Run / Slaves


インタビュイー画像

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:

Slavesは1stから聴いてましたが、今年の新作でどっぷりハマりました。自分達の2ndシングルのレコーディングも終えた頃で、この先の指針の一つになりました。これぞUKという感じで、MVと合わせてたくさん聴き、夏真っ盛りでしたが夜中に一人でよく踊った曲です。

Die For The Hype / YUNGBLUD


インタビュイー画像

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:

UKからニューヤングスターです。まさにスターの空気を持ったソロアーティストで、がっつりヒップホップの曲から、Arctic Monkeysの様なリフ系ロック、カラフルポップも出来て幅たっぷり。この曲を選んだ理由は単純にど真ん中の曲だったからです。今後も追いかけます。


HIYOKO a.k.a. CHICK BOY選曲プレイリスト

SESAMEのHIYOKOが選ぶ今年のベストソング『2018年を振り返る』BILK、Easy Lifeなど | 12月連載2/3

SESAMEのHIYOKOが選ぶ今年のベストソング『2018年を振り返る』Bad Sounds、DMA’Sなど | 12月連載3/3

SESAME Profile

2017年9月結成。
2018年4月、4TRACK 1STシングル『NA NA LAND/VAMPIRE BOYS』をリリース。
2018年10月、4TRACK 2NDシングル『NATURAL BORN LOVE KILLERS/ANGEL-A』をリリース。

<MEMBER>
Gt&Vo&Songwriter HIYOKO a.k.a. CHICK BOY
Ba&Vo KYORO
Guitar Hero SASAO★SEKAI
Dr&Mc NAN-JOE

MadchesterやBrit pop、Grungeサウンドを日本人としてハイブリッドに鳴らす4人組ロックンロールバンド。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Asahi

世界中の全てのアートを愛しています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる