Rin音『swipe sheep』。確固たる個性と豊かなサウンドで彩る初作

Review

文: 梶野有希 

Rin音の初アルバム『swipe sheep』をレビュー。

トレードマークは「インターネット」と「睡眠」。Rin音の楽曲はSNSや眠りがテーマになることが多いが、『swipe sheep』というタイトルもまた、スマートフォンの操作「スワイプ」と眠る時に羊(Sheep)を数える行為が由来している。

タイトルの通り、Rin音の根幹が強く反映された本作は、緩やかなフロウとネット世代ならではの現代的なリリックという、これまで提示し続けてきた個性が欠けることなく集約されており、彼の輪郭がより顕著になった初アルバムだ。

フィーチャリングゲストだけではなく、若手トラックメイカーのShun MarunoBASIのプロデュースを手がけるニューリーなど特筆すべき作曲家も多く揃っている。そのためファンタジーを体感できるようなポップサウンドがより濃く映し出されており、柔らかい雰囲気の中にしっかりとした音の厚みがある楽曲が目立つ。

本作は滑らかなフロウと響きのいいリリックに加え、表現力の豊かさというRin音が急成長を遂げている理由の証明になり得る作品だと感じた。

例えばアルコール度数に因んで「本当の自分はいま何%か?」と問う「%BOY」は、缶チューハイを開ける音や考え込むような泡の音など、遊び心あるサウンドと漂う浮遊感でほろ酔い気分にさせてくれる。またドレスコーズなどを手がけるmaeshima soshiとのタイトル曲「swipe sheep」は、彷徨うようなバックメロディーとキーボードの高音で正に眠りにつくような世界感を構築している。

そして器用な表現力を最も感じるのは「earth meal」だ。本曲のテーマは宇宙移住で、宇宙船に乗り遅れた男女が未だ地球で生きているというSFチックなストーリー。全体的な近未来感はシンセサイザー、登場人物のポップなマインドは軽やかなピアノ、そしてフィーチャリングに招いたシンガーソングライターasmiの可愛らしい歌声と自身の甘い歌声で男女の暖かい恋心を表現している。

滑らかなフロウとユニークな発想、そしてそれを上手く汲み取ったサウンドがあわさることで楽曲の世界観を丁寧に構築しているRin音。”新世代ラッパー”と名を馳せる理由を本作で証明した彼は、この先もコンテンポラリーで個性溢れる音楽を各所で響かせてくれることだろう。きっとそこにはカラフルな景色が広がっているはずだ。

Rin音『snow jam』

01. snowjam[prod by RhymeTube]
02. Sweet Melon feat. ICARUS[prod by maeshima soshi]
03. earth meal feat. asmi[prod by T.K Henry]
04. Naked Loving Summer[prod by Taro Ishida]
05. %BOY[prod by Taro Ishida]
06. 甘ったるいタルト[prod by Pri2m]
07. ネオネットヤンキー[prod by Taro Ishida]
08. Cherry Blossom[prod by Shun Maruno]
09. Summer Film’s feat. 空音,クボタカイ[prod by Shun Maruno]
10. 微睡むミカン[prod by ニューリー]
11. sleepy wonder[prod by Shun Maruno]
12. SNSを愛してる[prod by Shun Maruno]
13. swipe sheep[prod by maeshima soshi]

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

梶野有希

97年生まれ。ライブハウスとインディーズロックが大好きです。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる