Album

King & Prince アルバム全解説 | ファン待望の1stアルバム「King&Prince」を解説

2019年6月19日リリースされたKing & Princeのファーストアルバムは、下積みが長かったJr.時代のKing & Princeも知れる意味深いアルバムになっています。収録曲は、初週売上50万枚越えのデビューシングル「シンデレラガール」はもちろん、アルバムリード曲となる「Naughty Girl」などの新曲を含む全16曲で構成されています。

King&Princeの最新・人気アルバムを解説

ファーストアルバム「King & Prince」

2019年6月19日リリースされたKing & Princeのファーストアルバムは、下積みが長かったJr.時代のKing & Princeも知れる意味深いアルバムになっています。現在リリースされているアルバム作品はこの1枚のみとなっています(2019年9月現在)。

リリース形態は、初回限定盤A+Blu-ray、初回限定盤A+DVD、初回限定盤B、通常盤の4種類。

初回限定盤A・B共通の収録曲は、平野紫耀主演TBSドラマ『花のち晴れ~花男 Next
Season~』主題歌になり、オリコンデイリー・週間シングルランキングともに初登場1位
を獲得、初週売上50万枚越えのデビューシングル「シンデレラガール」はもちろん、日
本テレビ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』主題歌の「Memorial」、UHA味覚糖『ぷっ
ちょ』CMソング、Yahoo!きせかえCMソングでビルボードジャパン週間シングル・セール
ス・チャート1位を獲得した、高橋優作詞「君を待ってる」のシングル3作品。

加えて、 永瀬廉初主演、神宮寺勇太出演の映画『うちの執事が言うことには』主題歌「君にありがとう」や、ビタミン炭酸飲料水MATCH CM起用ソング「Sha-la-laハジけるLove」、UHA味覚糖『コロッケのまんま』CMソングで、ナオト・インティライミが作詞・作曲した「マホロバ」、進研ゼミCMソング「Super Duper Crazy」などのタイアップ楽曲、世界中の音楽シーンで話題のK-POPを彷彿させるクールなダンスチューンで、アルバムリード曲となる「Naughty Girl」などの新曲を含む全16曲で構成されています。

通常盤のみ King & Priceのテーマソングとも言える17曲目の「King & Prince, Queen & Princess」 を追加収録。また、10曲目の「Big Bang」は平野紫耀と高橋海人の2人 、14曲目の「Letter」は岸優太・永瀬廉・神宮寺勇太の3人で歌っています。

初回限定盤A付属のBlu-rayとDVDには、このアルバムのリード曲「Naughty Girl」の MVのダンスバージョン、メンバーソロバージョン、ジャケット撮影のメイキング、メンバーが本音を語った「King & Princeプレミアムトーク」などが収録されました。

初回限定盤BのCD2には、2015年「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION」のオフィシャルサポーターに選ばれたKing & Prince の前身グループMr.King vs Mr.Princeが歌った同イベントのテーマソングで、曲の間奏でメンバーがバク転を披露したり、ファンが掛け声をかけたりとメンバーとファンが1つになって楽しめる気持ちのいいサマーチューン「サマー・ステーション」や、メンバーがクールでセクシーなダンスを披露する「Bounce To Night」など全11曲が収録。ジャケットはリアル3Dジャケット仕様になっています。

このKing & Priceのファーストアルバムの初週売上46.8万枚は、CHEMISTRYKAT-
TUN
に次ぎ男性アーティスト歴代3位の記録。King & Princeのメンバー
は自分たちの過去から現在、未来までをこの1枚に詰め込んで、2019年7月19日横浜
アリーナスタートの7会場全32公演のライブツアー<King & Prince CONCERT TOUR
2019>を行いました。ダブルプラチナ作品として認定された、メンバーの想い入れも深
い1枚です。

※パニック障害の治療の為活動を一時休止している岩橋玄樹は、「シンデレラガール」、「Memorial」、CD2のKing & PrinceがJr.時代に歌っていた楽曲に参加しています。