サムネイル画像
Popular

テイラー スウィフト 人気曲16選。まず聞くべき代表曲ほか人気10曲、その他名曲など紹介。

画像出典:Spotify

テラスハウス主題歌「We Are Never Ever Getting Back Together」はじめ、Taylor Swift(テイラー・スウィフト)のおすすめ人気曲から10曲をランキング形式でご紹介。カントリーシンガーソングライターからポップスターへと成長し、若者を中心とした世代に大人気のTaylor Swift。プロフィールのご紹介やSpotifyの再生回数からおすすめ10曲を掲載します。

Taylor Swiftの人気曲 / 10位~7位

Blank Space / Taylor Swift

2014年10月に発売されたアルバム『1989』から後にシングルカットされ、同年11月に発売されたエレクトロポップ楽曲。受賞には至らなかったものの、2016年に行われた第58回グラミー賞の主要部門にノミネートされた楽曲です。2015年のMTVビデオミュージックアワードで最優秀ポップビデオ、最優秀女性ビデオ賞を受賞したMVは古城を舞台としたゴージャスな作品で、冒頭ではそのスタイリングのあまりのオシャレさに、女性なら誰もが憧れてしまうような内容ですが、ストーリー性のあるこのMVの後半パートでは、段々と猟奇的な様子に変化していくテイラーの迫真の演技が見所です。

august / Taylor Swift

2020年7月24日にリリースされた8枚目のアルバム『Folklore』の8曲目に収録された、8月を意味するタイトルの楽曲。一夏で終わってしまった恋を惜しむ歌詞で、自分は都合の良い女と分かりつつも、ついその現場にハマってしまっている女性の切ない思いが歌われたメロウな音の作品です。このアルバム作品では、ティーンエイジャーの恋の三角関係を描いた曲が3曲あると語られていて、この曲はその内の一つだと言われています。

The Man / Taylor Swift

2019年8月にリリースされた7枚目のアルバム『Lover』に収録され“自分が男だったら”というテーマで作成された、男性優位の現代の社会に対する問題提起とも取れる、メッセージ性の強い楽曲です。MVでは、特殊メイクを施して男性に扮したテイラーが、あらゆるシチュエーションで男性が女性よりも優位な立場に立っている事をほのめかすような内容になっています。最後のシーンでは、元プロレスラーで俳優のドウェイン・ジョンソンが、男装したテイラーに声優として声を当てていることが明かされるなど、仕掛け満載なビデオです。

Lover / Taylor Swift

2019年8月にリリースされた7枚目のアルバム『Lover』に収録されたアルバムのタイトル楽曲で、配信シングルとして先行発売されたもの。過去にもプロデューサーとして彼女の作品に参加しているジャック・アントノフとの作品で、リヴァーブがかけられた彼女の歌声が心地良く響き渡る、スローテンポな楽曲です。ダンサー兼俳優のクリスチャン・オーウェンズと共演してる幻想的な世界観のMVでは、テイラーがドラムやギター、ヴァイオリンなど様々な楽器の演奏姿を披露しています。

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる