Album

YUKI全アルバム全解説 | 「forme」など全14アルバムを徹底解説

2019年2月6日にリリースされた9thオリジナルアルバム『forme』。細野晴臣、chara、川本真琴といった豪華アーティストも楽曲製作に参加しており、「チャイム」「トロイメライ」「やたらとシンクロニシティ」などを収録。プロフィールやアルバム全14作品も紹介します。

YUKIの最新・人気アルバムを解説


YUKI 9th〜7th オリジナルアルバム

YUKI 9thアルバム『forme』

2019年2月にリリースされた『forme』。

NHK『あさイチ』テーマソングの「チャイム」、映画『コーヒーが冷めないうちに』主題歌の「トロイメライ」、テレビドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』主題歌の「やたらとシンクロニシティ」などを収録しています。細野晴臣chara川本真琴といった豪華アーティストも楽曲製作に参加しており、楽曲に合わせて歌うシンガーとしての喜びや楽しさが感じられ、いまのYUKIの集大成とも言えるアルバムになっています。

YUKI 8thアルバム『まばたき』

https://open.spotify.com/album/14blafXwvfEHkk8LrzV9MH?si=fdtGwuh8SNKAXL520ajYDQ

2017年3月にリリースされた『まばたき』。

ポケモン映画主題歌の「ポストに声を投げ入れて」、映画『グラスホッパー』主題歌の「tonight」、アニメ『3月のライオン』オープニング曲「さよならバイスタンダー」などが収録されています。YUKIらしい明るくポップな楽曲が並び、元気をもらえる1枚に仕上がっています。

YUKI 7thアルバム『FLY』

2014年9月にリリースされた『FLY』。

映画『ひみつのアッコちゃん』主題歌の「わたしの願い事」、ドラマ『スターマン・この星の恋』主題歌の「STARMANN」、アニメ『坂道のアポロン』オープニング曲「坂道のメロディ-version FLY-」、先行シングル「誰でもロンリー」などが収録されています。ダンスナンバーをコンセプトとし、菅野よう子KAKATOが楽曲制作に参加。ノリの良い踊れる楽曲が揃っています。

YUKI 6th〜4th オリジナルアルバム

YUKI 6thアルバム『megaphonic』

2011年8月にリリースされた『megaphonic』。

ソニーサイバーショットのCM曲「勇敢なヴァニラアイスクリーム」、朝日生命CM曲「鳴いてる怪獣」、ロッテガーナミルクチョコレートCM曲「集まろう for tomorrow」などが収録されています。東日本大震災をはじめとする時事問題を歌詞に乗せたという曲が大半で、これまでと違ったYUKIの一面が垣間見えます。

YUKI 5thアルバム『うれしくって抱きあうよ』

2010年3月にリリースされた『うれしくって抱きあうよ』。

au配信サービスドラマ「still life」の主題歌、Eテレ『めざせ!会社の星』オープニングテーマの「プレゼント」、映画『曲がれ!スプーン』の主題歌「COMIC BOX」、映画『インスタント沼』の主題歌「ミス・イエスタデイ」などが収録されています。シンプルなバンドサウンドのほか、エレクトロ、ビッグバンドジャズサウンドも取り入れた楽曲が並びます。

YUKI 4thアルバム『Wave』

2006年9月にリリースされた『Wave』。

auのCMソングの「長い夢」、花王 エッセンシャル ダメージケアのCMソングの「メランコリニスタ」、テレビアニメ『ハチミツとクローバー』のオープニング曲「ドラマチック」、日清食品 野菜スープヌードルのCMソング「裸の太陽」、『ハチミツとクローバーⅡ』のオープニング曲「ふがいないや」、映画『タッチ』の主題歌「歓びの種」などが収録されています。

YUKI 3rd〜1st オリジナルアルバム

YUKI 3rdアルバム『joy』

セカンドアルバムから約2年後の2005年2月にリリースされた『joy』。

花王エッセンシャルダメージケアCMソングの「ハローグッバイ」、劇場版NARUTOナルト主題歌の「Home Sweet Home」などが収録されています。アルバムタイトルでもある「joy」はシングルカットされていて、全身黒タイツのダンサーとYUKIが独特のダンスを披露するPVが話題になりました。

YUKI 2ndアルバム『commune』

2003年3月にリリースされた『commune』。

シングルカットされた「スタンドアップ!シスター」、トリンプ・インターナショナル・ジャパンの『恋するブラ』CMソングで使われた「ファンキーフルーツ」などが収録されています。「70’s」と「SLOW」をテーマコンセプトにしたアルバムで、ジャケット写真には5枚目のシングルの「センチメンタルジャーニー」に登場したYUKIのそっくりさんが写っているのが印象的です。「コミュニケーション」にはスネオヘアー、「砂漠に咲いた花」にはキセルなど多くのミュージシャンが楽曲制作に加わっています。

YUKI 1stアルバム『PRISMIC』

2002年3月にリリースされた『PRISMIC』。

トヨタのCM曲で話題となった「the end of shite」、アメリカのシンガーソングライターであるキャロルキング作曲の「サヨナラダンス」、スピッツが演奏を担当した「愛に生きて」、3rdシングルとしてもリカットされた「66db」などが収録されています。豪華な作家陣の楽曲に加え、YUKIの独特な歌声が彩りを添えるソロデビューアルバムとなっています。

YUKI カップリングコレクションアルバム『BETWEEN TEN』

https://open.spotify.com/album/3MOpDz7qc1Tzp3CqzPNQ3J?si=3oaZk3QoQgCHid4FXKrRcg

YUKIのデビュー10周年企画の一つとして2012年11月にリリースされた『BETWEEN TEN』。

1stシングル「the end of shite」から2011年7月リリースの「Hello!」までのシングルのカップリング曲を収録したベストアルバムです。フランス映画のリメイク作品『死刑台のエレベーター』主題歌の「ベッドタイムストーリー」もボーナストラックとして収録されています。


YUKI ベストアルバム

YUKI ベストアルバム『five-star』

2007年10月にリリースされた『five-star』。

ソロ活動5周年を記念して制作された本アルバム5年間にリリースされたシングル15曲に加え、配信限定の「ビスケット」などが収録されています。ソロデビュー曲「the end of shite」からキャッチーなメロディの「長い夢」、「JOY」、2007年7月にリリースした「星屑サンセット」まで収録され、バラエティ豊かな1枚になっています。

YUKI ベストアルバム『すてきな15才』

2018年1月にリリースされた『すてきな15才』。

ソロデビュー15 周年を記念して制作された本アルバムは、東京メトロCMソング「となりのメトロ」、アニメ『3月のライオン』セカンドシリーズオープニング曲「フラッグを立てろ」などのシングル曲が収録されています。未発表曲の「ダーリン待って」、「手紙」のデモ曲も収録されていて、YUKIの軌跡や貴重音源も楽しめます。

YUKI ベストアルバム『POWERS OF TEN』

2012年2月にリリースされた『POWERS OF TEN』。

2枚組のベストアルバムで、未発表音源の「MY HAND」、「Rainbow st.(Super session)」、「大人になって」などが収録されています。ソロデビュー10周年を記念して書き下ろされた「世界はただ、輝いて」の歌詞には「JOY」や「うれしくって抱きあうよ」などの曲名が取り入れられています。

YUKI ライブアルバム

YUKI ライブアルバム『YUKI ”The Present” 2010.6.14,15 Bunkamura Orchard Hall』

2010年12月にリリースされた『YUKI ”The Present” 2010.6.14,15 Bunkamura Orchard Hall』。

Bunkamuraオーチャードホールでの公演のライブ音源を収録したアルバムで、YUKI初のライブ盤です。豪華なオーケストラ演奏をバックに「うれしくって抱きあうよ」「プリズム」などの代表曲を歌い上げています。