Popular

amazarashiの人気楽曲ランキング!ファンが聴いてる人気楽曲TOP10をランキングでご紹介

画像出典:Spotify

amazarashiの人気曲から10曲をご紹介。人気アニメとのタイアップで話題を呼んだ、独自の世界観を持つamazarashi。プロフィールのご紹介や、Spotifyの再生回数上昇率で決まる話題曲が詰まったランキングからおすすめ10曲を掲載します。

amazarashi 人気曲 / 10位〜7位

空洞空洞 / amazarashi

2017年12月13日にリリースされた4枚目のアルバム『地方都市のメメント・モリ』の収録曲。秋田ひろむが“好きなロックバンドの影響を潜ませよう”といった裏テーマをもったアルバムであり、中でも「空洞空洞」は挑戦的で新鮮な楽曲となりました。どこか不安を感じるメロディーと「空洞空洞」と繰り返される鋭い歌詞のコンビネーションは、自分を見つめ直すきっかけをくれます。

フィロソフィー / amazarashi

2017年10月20日にリリースされた配信限定シングルでしたが、2年ぶりのアルバムとなった『地方都市のメメント・モリ』に収録されています。清涼飲料メーカーであるダイドードリンコの「ダイドーブレンドコーヒー 明日へのTRY編」と「明日へのTEAM編」の2種類のCMソングに起用されており、amazarashi初のCMタイアップソングとなりました。CMにちなんだ「前向きなヒーロー」をテーマとしたナンバーであり、不協和音のメロディーラインでありながらもどこかスッキリするナンバーです。

命にふさわしい / amazarashi

2017年2月22日にリリースされた3枚目のシングルであり、ゲームソフト『NieR:Automata』とのコラボ楽曲。元々『NieR Replicant』のファンだった秋田ひろむがディレクター・ヨコオタロウをライブに招待したことがきっかけで本作のコラボが実現しました。MVはヨコオタロウが原案を担当し、巨大な工場の中で機械生命体がドール人形を壊していく様子が描かれているなどダイナミックなスケールで描かれた世界感が特徴の仕上がりとなっています。

バケモノ / amazarashi

2017年にリリースされた4枚目のアルバム『地方都市のメメント・モリ』の収録曲。「誰しもが嘘を食らう”バケモノ”だ」という強い歌詞とは対照的なゆったりとしたメロディーが流れこみます。「メロディーなんてなくていいと思っていた時期もあったが、メロディーと歌詞が両立してこその歌。そこで感動してほしい」と秋山が語っていた通り、メロディーと歌詞がうまく支え合っている楽曲です。